株のお悩み相談室

「配当金相当額」は、配当とは違うものですか?

読者からのお悩み

株を保有していると配当がもらえることは知っていますが、配当の権利日に証券会社に貸株をしていたら、「配当金相当額」という見慣れない用語が出てきました。これは配当とは違うものでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

もらえる金額は配当金と同じですが、配当は「配当所得」の区分になるのに対して、配当金相当額は「雑所得」に分類されます。

  税区分
(税率)
株式などの
譲渡損との通算
配当控除
配当金 配当所得
20.315%
できる 対象
配当金相当額 雑所得
収入によって異なる
できない 対象外

配当所得の税率は、20.315%(復興特別所得税を含む)であるのに対して、雑所得は、総合課税の対象となるので、収入によって累進課税が採用されているため、5~45%(+住民税10%)と変化します。税率の有利・不利はそれぞれの状況で変わってきますので、気をつけてください。

他には、配当金は「株式などの譲渡損失(売却損)の相殺」ができますが、配当金相当額はできません。同じように、配当金は「配当控除」の対象となりますが、配当金相当額は対象外です。このあたりが配当よりも不利になります。

※配当控除とは、確定申告の際に、総合課税を選んだ場合に適用される税額控除です。

もし、配当を、配当金相当額として受け取りたくない場合は、貸株の解除を事前におこなってください。(証券会社によっては、株主優待を提供している会社のみ、自動で貸株が解除できるしくみがあります)

※税金に関するお問い合わせは、ご質問いただいても個別にお答えできませんので、最寄りの税務署などにお問い合わせください。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買