藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

西尾

担当・西尾

最終更新日:2019年7月25日

藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

著者
: 藤野 英人
出版社
: CCCメディアハウス
ページ数
: 165ページ
価格
: 1,250円(税抜)

内容紹介

投資家に必要な「妄想」の仕方が学べます。著者は、「ひふみ投信」を運用する藤野英人さんです。「ドラえもんのひみつ道具」を例に出して、おもしろく説明が書かれているので、投資初心者も楽しく読み進めることができます。

投資で一番楽しいのは「妄想」

著者の藤野さんいわく、投資で一番楽しいのは「妄想」だと言います。なぜかというと、妄想通りに世の中が動いたりするのを目の当たりにしたとき、この上ないよろこびを感じるからだそうです。

ここで、自分自身に置き換えて考えてみましょう。例えば、自分が営業マンだったとします。「営業トークを変えたら成績が上がり、昇格できるかもしれない」と妄想して、実践したとします。その結果、成績が上がり昇給できたとしたら、とてもうれしく感じませんか?そうすると、自分の仕事をどう変えるか妄想することが楽しくなって、どんどん成績が上がっていくかもしれません。

この本では、そんな「妄想」の具体例がいくつか紹介されています。しかも、誰もが一度は見聞きしたことのある「ドラえもんのひみつ道具」を例にしているので、サクサク読み進めることができます。

例えば、タケコプターが実現した世界について、藤野さんは「タケコプター保険」が誕生して、東京海上日動や損保ジャパン日本興亜、日本生命などの業績が伸びると妄想しています。また、タケコプターの登場でバイクで通勤する人が減ると考えられるので、バイクを製造するホンダやヤマハなどは業績が悪化すると妄想しているのです。

どの会社の業績が伸びそうか妄想するのは一見むずかしそうですが、タケコプターの例を読むと、意外と楽しく妄想できそうだなと思えますよね。

投資で成功するには「妄想」が必要

また、藤野さんは投資で成功するためにも「妄想」が大事だと言っています。理由は、将来成長する会社を探すときに、どの業界や会社が伸びそうかを、自分で考えなければならないからです。そのためにも、この本を読んで「妄想の仕方」を身に付けることが必要となります。

藤野さん自身、「投資に妄想が必要である」ことを証明しています。藤野さんは「ひふみ投信」という投資信託を運用しているのですが、とても利回りが高いことで有名です。高成績を残せているのは、運用責任者である藤野さんが、日々妄想力を高め、将来伸びる会社を探し出しているためです。

つまり、私たち個人投資家も「妄想力」を身に付けることで、藤野さんのように高い利回りが出せるかもしれないのです。この本を読んで、妄想の仕方をしっかり身につけたいですね。

投資初心者でも楽しく読める

先ほど紹介したとおり、「ドラえもんのひみつ道具」を例に、妄想の仕方が紹介されています。そのため、投資初心者でも楽しみながら読むことができますタケコプターや暗記パンが実現したら、どの会社が恩恵を受けるのか、身近な会社を使って説明してあるので、会社や業界の知識を増やすこともできます。

この本のおすすめの使い方は、ひととおり読み終えたあとに、テレビや新聞で紹介されるニュースを使って、自分で妄想してみることです!興味のあるニュースで良いので、「このニュースは、どの会社に影響があるのだろう」と妄想してみましょう。これを毎日繰り返すと、自然と妄想力が高まり、投資先を見つけやすくなるはずです。

これから投資をはじめようと考えている方はもちろん、実際に投資をしている方にも、ぜひ読んでほしい一冊です。

藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

藤野さん、「投資」ってなにが面白いんですか?

著者
: 藤野 英人
出版社
: CCCメディアハウス
ページ数
: 165ページ
価格
: 1,250円(税抜)
amazon(アマゾン)
楽天ブックス
honto

西尾のプロフィール

西尾

・やさしい株のはじめ方の資産運用担当
・ファイナンシャルプランナー2級、証券外務員の資格あり
・年間200銘柄以上を分析中

Twitter「@kabuotaku758」でも情報発信中です!