給付金10万円で投資をはじめよう!おすすめの投資法を紹介

給付金10万円で投資をはじめよう!おすすめの投資法を紹介

担当:西尾

担当・西尾

最終更新日:2020年5月19日

新型肺炎の緊急経済対策として、「1人10万円の給付」がはじまりました。これを機に、株や投資信託をはじめたいと思っている投資初心者の方に向けて、10万円」で始められるおすすめの投資方法や証券会社をご紹介します!

実は、10万円以下で買える銘柄はかなり多く、個別株だけでも上場企業のうち約45%(1,700銘柄)もあります。これだけ選択肢があると、何を買ってよいのか迷ってしまいますよね。そこで、まずは投資方法の絞り込みをしましょう。株初心者におすすめの投資方法は以下の3種類です。

  • もらってうれしい株主優待投資
  • 単元未満株(ミニ株)を使った少額投資
  • 運用をプロにお任せできる投資信託

それぞれ、例として実際の銘柄も載せながら解説しますので、投資先のヒントとしてもらえれば幸いです。

もらってうれしい優待株投資

株式投資の入門におすすめなのが、優待株(株主優待をおこなっている企業の株)への投資です。株主優待とは、株主になった特典としてもらえる商品や金券で、企業ごとに特色があります。

例えば、東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランド(4661)は「1日パスポート券」がもらえます!

オリエンタルランドの株主優待

(出典:楽しい株主優待&配当

企業によってさまざまな株主優待があり、カタログギフトの中から好きな商品を選ぶような感覚で、楽しみながら投資できます。

今回もらえる給付金は10万円なので、下に10万円で投資できる優待株5銘柄をピックアップしました。投資を考えるときの参考にしてください。

クロスフォー(7810)

クロスフォーの株主優待
優待内容 自社製品(4,500円相当)
権利確定月※1 7月
必要投資金額※2 33,000円

最新の株価はこちら

トランザクション(7818)

テンポイノベーションの株主優待
優待内容 自社製品(3,000円相当~)
権利確定月※1 2月・8月
必要投資金額※2 95,600円

最新の株価はこちら

KNT-CTホールディングス(9726)

テンポイノベーションの株主優待
優待内容 自社主催旅行割引券(2枚~)
権利確定月※1 3月・9月
必要投資金額※2 94,500円

最新の株価はこちら

テンポイノベーション(3484)

テンポイノベーションの株主優待
優待内容 ジェフグルメカード(3,000円相当)
権利確定月※1 3月
必要投資金額※2 70,400円

最新の株価はこちら

早稲田アカデミー(4718)

早稲田アカデミーの株主優待
優待内容 QUOカード(1,000円相当~)等
権利確定月※1 3月・9月
必要投資金額※2 93,300円

最新の株価はこちら

※1 権利確定月とは、株主優待をもらう権利がもらえる月です。3月であれば、3月の「権利付き最終日」と呼ばれる日に、株主優待をもらうのに必要な株数を持っていれば、株主優待がもらえます。権利付き最終日は毎月変わります。「権利確定日カレンダー」でまとめているので、こちらを参考にしてください。

※2 必要投資金額は、2020年5月15日の終値をもとに計算しています。

上の表で紹介した銘柄以外にも、10万円以下で投資できる優待株がたくさんあります。グループサイト「楽しい株主優待&配当」の「10万円以下で買えるおすすめ株主優待」で紹介しているので、こちらもあわせてご覧ください。

単元未満株(ミニ株)を使った少額投資

単元未満株(ミニ株)とは、1株から投資できるシステムです。普通の取引では100株単位でしか取引できないので、数万円~数十万円程度のまとまったお金が必要です。しかし、単元未満株であれば1株から投資できるので、数百円~数千円で株主になれます。

たとえば、みんなが知っているトヨタ自動車(7203)は、普通の取引だと「6,384円×100株=約64万円」が必要です。単元未満株(なら1株から投資できるので、必要な投資金額は「6,384円」となります。気軽に有名企業の株主になれるのがよいですね。

また、少額投資のメリットとして、複数の銘柄に投資できるのも魅力です。仮に1銘柄10,000円で買えるとすると、10万円あれば10銘柄まで買うことができます。もし1銘柄に10万円をすべて投資してしまうと、その銘柄の株価が大きく下がった場合、ご自身の資産も同じだけ減ってしまいます。値動きの異なる投資先を複数持つことにより、このようなダメージを分散させることができます。

単元未満株についてくわしく知りたい方は、単元未満株(端株)とは?や、株式ミニ投資(ワン株・プチ株・S株の比較)をご覧ください。

運用をプロにお任せできる投資信託

投資信託は、「じて投資」の名のとおり、プロにお金を預けて運用してもらう金融商品です。「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2種類に分けられますが、投資初心者にはインデックスファンドがおすすめです。

インデックスファンドは、日経平均株価などの市場平均に連動する投資信託です。個別に企業の株式を選ばなくても、市場平均と同じ運用利回りが目指せるため、初心者に向いています。

ただし、インデックスファンドにもいくつか種類があります。特に初心者向きなのは、「世界経済インデックスファンド」です。この投資信託は、日本を含む世界各国の株式や債券で構成されています。世界経済の成長(一般的に3%程度と言われています)に合わせて資産を増やせるので、はじめて投資信託を買うならこの1本を持っておけば十分です。SBI証券マネックス証券では、100円から購入・積立できるので安心です。

そのほか、投資信託について詳しく知りたい方は、グループサイト「やさしい投資信託のはじめ方」で説明しています。こちらをぜひご覧ください。

初心者におすすめの証券会社

初心者におすすめの証券会社は、SBI証券です。ネット証券の最大手で、手数料が安いのに加えて投資に必要なツールが充実しています。口座開設するだけで高機能なツールを無料で使えるので、個人投資家から大人気です。

SBI証券なら、今回紹介した「優待株」、「単元未満株(ミニ株)」、「投資信託」のすべてに投資できます。これから投資をはじめようと考えている方におすすめです。

そのほかにも、証券会社はたくさんあります。手数料を比較して証券会社を決めたい方は、「ネット証券の手数料比較表」をご覧ください。

証券会社が決まったら、口座開設の手続きをしましょう。手順は、「もう迷わない!証券会社の口座開設から、株の買い方・売り方までの手順をやさしく解説」で証券会社ごとにまとめています。こちらを見ながら口座開設してくださいね。

まとめ

給付金10万円を使った投資法を紹介してきました。これを機に投資をはじめたい方には、優待株や単元未満株(ミニ株)、投資信託がおすすめです。少額から投資と触れ合い、投資のおもしろさを感じていただけたら幸いです。

西尾のプロフィール

・やさしい株のはじめ方の資産運用担当
・ファイナンシャルプランナー2級、証券外務員の資格あり
・年間200銘柄以上を分析中

Twitter「@kabuotaku758」でも情報発信中です!