LINE Payの出金方法と、出金手数料を無料にする裏ワザ

担当:やさしい株のはじめ方編集部

担当・やさしい株のはじめ方編集部

最終更新日:2022年11月1日

2022年7月1日から、LINE Payのタッチ支払い(LINEプリペイドカード)の還元率が1%→2%にアップしています。一方、LINEクレカの還元率は2022年5月1日に2%→1%へ引き下げられてしまいました。そのため、LINE Payを使っている方は、LINEプリペイドカードのタッチ決済への変更がおすすめです。

LINE Payの出金方法は「銀行口座に出金」、「セブン銀行ATMから出金」の2つです。しかし、どちらも一律220円(税込)の出金手数料が発生するのがネックです。

 

そこで、LINE証券を使った出金方法をおすすめします。「LINE証券に入金する」手順を踏むことで、出金手数料が無料になるからです。しかも、LINE Payで貯まったLINEポイントも、LINE証券を経由することで現金化できます。LINE Pay単体で使うより、LINE証券と併用したほうが圧倒的にお得です!

このコラムでは、LINE Payの出金方法や、LINE証券を使って出金手数料を無料にする方法を解説します。LINE証券では、現金が最大4,000円もらえるキャンペーンも実施しているので、まだLINE証券の口座を持っていない方は、ぜひ参考にしてください。

LINE Payの出金方法・出金時間

 LINE Payの出金方法は、「銀行口座に出金」と「セブン銀行ATMで出金」の2つがあります。

銀行口座に
出金
セブン銀行ATM
で出金
1日の出金
限度額
10万円 1万円
出金可能
時間
銀行の
営業時間中
24時間いつでも
出金手数料 220円(税込)

1日の出金上限が銀行口座は10万円、セブン銀行ATMは1万円と決められており、限度額以上は出金できないので注意してください。

 

銀行口座に出金する場合、銀行の営業時間中しか出金できないので、利用する銀行の営業時間に合わせて出金する必要があります。平日の9時~15時頃であれば、ほとんどの金融機関で問題なく出金できるでしょう。営業時間外に出金申請をした場合は、翌営業日の営業時間まで出金が口座に反映されないので、注意が必要です。

 

セブン銀行ATMで出金する場合は、24時間いつでも出金できるので、早朝や深夜であっても、近くにセブンイレブンがあれば即時出金できます。

どちらの出金方法も便利ではありますが、出金手数料が一律220円(税込)発生するのがネックです。しかし、LINE証券を使った出金方法なら、出金手数料や振込手数料が一切発生せず、無料で出金できるので、紹介していきます。

LINE証券を使って出金手数料を無料にする裏ワザ

LINE Payから、銀行やATMに出金・振込をする場合、出金手数料を無料にする方法はありません。しかし、LINE Payから「LINE証券に入金する」手順を踏むことで、出金手数料を無料にできます。

 

なぜLINE証券の口座を経由するだけで出金手数料が無料になるかというと、LINE証券は「LINE Payからの入金手数料」、「金融機関への出金手数料」が、どちらも無料だからです。

ただし、LINE Payから入金したお金が出金できるようになるまで、1営業日程度かかる場合があります。すぐにでも現金を引き出したい方は、別の方法で出金しましょう。

 

LINE Payの出金手数料を節約したい方は、LINE証券の口座開設がおすすめです。今なら現金が最大4,000円プレゼントされるキャンペーンを実施しています。

LINE証券デビュー特典
 

LINE証券を使ってLINE Payから手数料無料で出金する裏ワザは、次の4ステップでかんたんにできます。

では、それぞれ解説していきます。

① LINE証券に口座開設

まずは、LINE証券に口座開設をしていきましょう。

※すでにLINE証券の口座を持っている方は、「② LINE PayからLINE証券に入金」へ進んでください。

口座開設する』をタップして口座開設を進めてください。口座開設の詳しい手順は「LINE証券の口座開設ガイド」で解説しています。

キャンペーンにエントリーする

「証券会社に口座開設をするのが不安」という方がいらっしゃるかもしれませんが、口座開設をするだけなら無料ですし、リスクや危険なども一切ないので安心してください。

② LINE証券にLINE Payから入金

LINE証券の口座開設が完了したら、LINE Payから出金したいお金を、LINE証券に入金していきます。

1.LINE証券のトップページを開き、画面右下の『・・・』(メニュー)をタップしてください。

メニューをタップ

2.『入金』をタップしてください。

入金をタップ

3.『LINE Payから入金』をタップしてください。入金手数料は無料です。

LINE Payから入金をタップ

4.入金額を入力し、『入金する』をタップしてください。

入金額を入力

③ LINE証券で出金先の金融機関を設定

LINE PayからLINE証券への入金が完了したら、LINE証券から出金していきます。まずは出金先の金融機関を設定していきましょう。

1.LINE証券のトップページを開き、画面右下の『・・・』(メニュー)をタップしてください。

メニューをタップ

2.メニュー画面が表示されるので、『出金』をタップしてください。

出金をタップ

3.『銀行口座に出金する』を選択してください。

銀行口座に出金する

4.出金先の金融口座を登録します。銀行名、支店、種別、口座番号、名義をすべて入力し、『登録』をタップしてください。

出金口座登録画面

5.取引暗証番号(6ケタ)を入力してください。

取引暗証番号を入力

6.これで出金口座登録が完了しました。『OK』をタップしてください。

OKをタップ

④ LINE証券から出金

これで出金口座の登録が完了しました。では、最後のステップです。登録した口座に出金する手続きをしていきましょう。LINE Payから入金したお金が「出金可能額」に反映されるまで、1営業日程度かかる場合があります。そのため、まだ反映されていない場合は、反映されるのを待ってから出金の手続きを進めましょう。

1.『銀行口座に出金』をタップしてください。

『銀行口座に出金』をタップ

2.出金額を入力して、『出金する』をタップしてください。

『出金する』をタップ

以上で、LINE証券を使ってLINE Payから手数料無料で出金する手順は完了です。1~2営業日後に登録した銀行口座に出金が反映されます。少し手間を増やすだけで出金手数料が無料になるので、ぜひご活用ください。

LINE Payから出金できないときの対処法

LINE Payから出金できない場合、次のどちらかが原因の可能性があります。

それぞれ解説します。

本人確認ができていない

 LINE Payは、本人確認をしていないアカウントでの出金・送金(振込)ができません。出金できない場合は、本人確認ができているか確認しましょう。

また、LINE Payで本人確認をしていないと、出金できないだけでなく、次のデメリットもあります。

  • 銀行口座からチャージ(入金)できない
  • チャージ(入金)の限度額が10万円になる(本人確認後は100万円)
  • 割り勘機能が使えない

このように、多くの機能を制限されてしまいます。「スマホでかんたん本人確認」を使って、LINE Payで本人確認をしましょう。次の3ステップでかんたんに申請できます。

  • ① 本人確認書類の撮影
  • ② 顔の撮影
  • ③ 本人情報の入力

手元に運転免許証やマイナンバーカードがあれば、約5分前後で申請できます。審査に3営業日程度かかるので、審査完了まで待ちましょう。

出金限度額の上限まで出金している

LINE Payから1日に出金できる限度額は、銀行口座への出金は上限10万円、セブン銀行ATMでの出金は上限1万円です。したがって、すでに上限いっぱいまで出金してしまっている場合は、LINE Payから出金できません。

しかし、LINE証券を経由して出金する場合は、1日の上限額も決められていないので、限度額を気にせずお金を出金したい方は、LINE証券に口座開設しましょう。

まとめ

このコラムでは、LINE Payの出金方法や、LINE証券を使って出金手数料を無料にする方法を紹介しました。

 

LINE Payの出金手数料を無料にしたい方は、LINE証券の口座を開設しておきましょう。今なら現金が最大4,000円プレゼントされるキャンペーンが実施されています。

 

せっかくキャッシュレス決済を使うなら、出金手数料の節約にもこだわっていきたいですね。

このコラムを見た人は、こちらも読んでいます

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!