楽天証券の投信積立で、楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天証券の投信積立で、楽天スーパーポイントが貯まる!

楽天スーパーポイントが、さらに貯めやすくなりました!2018年10月28日より、楽天証券投資信託の積み立て(以下、投信積立)を楽天カードクレジット決済でおこなうと、積立額の1%(100円につき1ポイント)が付与されます。ポイントを再び投信積立・投資信託の買付けに使うこともできます。

ポイント還元の対象になった「投信積立」とは?

最大の特長は、毎月決まった日に同じ金額で自動注文してくれることです。初回に設定さえしてしまえば、ほったらかしで運用できます。手間が少なく、かんたんにリスク分散できるので、投資初心者におすすめの投資方法です。

投信積立とは?

<投資信託と、投信積立の違い>


(出典:楽天証券

どのくらいポイントが貯まるの?

投信積立で楽天カードクレジット決済をすると、積立額の1%の楽天スーパーポイントが楽天カードから付与されます。毎月1万円、3万円、5万円を積み立てた場合、将来どれだけのポイントが貯まるかをまとめました。
※楽天クレジットカード決済を使った毎月の積立上限額は5万円までです。

<投資金額と付与されるポイントの早見表>

積立額 毎月1万円 毎月3万円 毎月5万円
1年後 1,200P 3,600P 6,000P
5年後 6,000P 18,000P 30,000P
10年後 12,000P 36,000P 60,000P
20年後 24,000P 72,000P 120,000P

毎月1万円ずつ積み立てした場合、1年で1,200ポイント(12万円×1%)が付与されます。投信積立は基本的に“長期投資”を前提とした商品なので、仮に20年間積み立てたとすると、24,000ポイントになります。投資資金に余裕があって、毎月5万円まで積み立てられる人は、ポイントがグッと上がります。1年で6,000ポイント(60万円×1%)が付与され、20年間続けると12万ポイントにもなります!

NISA(ニーサ)口座を使って、さらにお得に!

楽天証券でNISA口座・つみたてNISA口座を持っていると、3倍お得な投資ができます!

  • 1.積み立てて楽天スーパーポイントをもらう
  • 2.運用益・分配金はNISA口座で非課税にする
  • 3.もらったポイントで再投資する

NISA制度には「一般NISA」と「つみたてNISA」があります。今回の場合は、「つみたてNISA」との相性が良いです。非課税枠は毎年40万円までとNISAに比べて少ないですが、一つの非課税枠で買い付けした投資信託は、最長20年間、非課税で持ち続けられるので、低額でコツコツ投資するには最適です。毎月3万3,000円まで積み立てられます。

つみたてNISAの投資対象商品は、金融庁が指定した「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託」で、2018年10月現在は161本です。この中から選ぶことになります。

つみたてNISA(積立NISA)とは?

Wキャンペーンで、いきなり最大7,000ポイントゲット!

NISA口座開設キャンペーンで2,000ポイントが当たる!

期間限定で、つみたてNISAまたは一般NISAいずれかを新規口座開設すると、抽選で2,500名に2,000ポイントがプレゼントされます!(~2018年12月28日まで) こちらのキャンペーンを狙いつつ、NISA口座で投信積立をはじめてみてはいかがでしょうか♪

※NISA口座開設が完了するのはだいたい1~2ヶ月後なので、早めの申し込みをおすすめします。

楽天カード新規入会&利用キャンペーンでもれなく5,000ポイント

5,000ポイントのうち、楽天カード新規入会で2,000ポイント、カード利用で3,000ポイントがもらえます!投信積立をするときに、楽天カードクレジット決済にすることでカード利用条件はクリアできます。楽天カードは年会費が永久無料です。

投資信託・投信積立の両方にポイント投資ができるのは、楽天証券だけです。現金がなくても、余っているポイントで気軽に投資ができるので、株初心者の人にこそ使ってほしいサービスです。楽天市場など、楽天グループで貯めたポイントも投資に使えるので、楽天サービスを使っている人は投資デビューをするチャンスです!