スマホでかんたん!Tポイントで株式投資ができる「ネオモバ」とは?

スマホでかんたん!Tポイントで株式投資ができる「ネオモバ」とは?

2019年4月10日に、Tポイントで株式投資ができる「ネオモバ」サービスがはじまりました!ネット証券最大手の「SBI証券」と、Tポイント事業を運用する「CCCマーケティング」の合併会社「SBIネオモバイル証券」が展開する、スマホ専用のポイント投資ができる新サービスです。Tポイントだけでも株が買えるので、投資に回せるお金がない若い人や、株初心者の人におすすめです。

<ネオモバの3つの特長>

  • スマホから手軽に“Tポイント”で投資ができる
  • 1株から買えて、500円以下の少額投資ができる
  • 月額最低200円(税抜)で取引放題

Tポイントで株取引ができる

「株式投資にお金を回す余裕がない」、「株はリスクがあるからこわい」などの理由で、株をはじめられない人は多いと思います。Tポイント投資なら、Tポイントを持っていれば1ポイント=1円相当で、現金を使わずに株を買うことができます。仮に買った株の株価が大きく下がったとしても、そもそもポイントで買っているので、金銭的なダメージはほとんどありません。

Tポイントだけでなく、現金と合わせて買うこともできます。例えば、初めは持っているTポイントだけで株式投資をしてみて、少し慣れてきたら、現金で足りない分をポイントで補うという使い方もありだと思います。

Tポイントや現金で投資

1株から買えるので、少額投資向き

一般的に、株を買うときは100株単位での取引になりますが、「ネオモバ」なら1株から取引ができます

例えば、「カゴメ(2811)」を普通に買う場合、2019年4月11日時点で約300,000円必要です。しかし、ネオモバを使えばその100分の1の3,000円で買えてしまいます。このように、ふだん手が出せない株も、ネオモバを使えば手軽に買うことができます。1株から買える理由は、SBI証券の単元未満株サービス「S株」を活用しているからです。※S株については、株式ミニ投資(ワン株・プチ株・S株の比較)をご覧ください。

500円以下で買える株もたくさんあるので、チェックしてみてください。

サービス利用料(手数料)は、月額200円(税抜)~の定額制で取引放題!

他の証券会社では、株取引1回ごとに手数料が発生します。しかし、ネオモバは月額200円(税抜)で取引放題です。月額のサービス利用料はステージ制になっており、月額合計50万円までの取引なら200円、300万円なら1,000円です(それ以上も設定されていますが、ここでは省略します)。

毎月のサービス利用料は、月末締めで月間約定代金合計額を計算して、翌月に、約定金額に応じたサービス利用料の決済手続きがおこなわれます。

サービス利用料は毎月最低200円かかりますが、同時に期間固定Tポイント200ポイントが付与されるので、この2つを相殺して、実質手数料無料です。このとき付与される200ポイントは、株式投資に使うことができます。また、サービス利用料100円につきTポイント1ポイント付与されます。

もし、しばらく取引をしない場合は、“一時停止手続き”をおこなえばサービス利用料は徴収されません。一時停止中は期間固定Tポイントがもらえなくなりますが、取引に制限はなく、取引を再開した月から自動的に手数料が引かれるようになります。

SBIネオモバイル証券の「ネオモバ」は、これから株をはじめようとしている初心者の人や、若い人がはじめやすい、敷居の低い投資方法です。まずはお持ちのTポイントを使って、数百円から買える株に挑戦してみましょう!