マネックス証券で学ぶ

1,500円プレゼントキャンペーン実践レポート

マネックス証券で口座開設をして5万円を入金すると、管理人の書籍「本当に儲かる株・成長する株を自分で見つけられるようになる本」、または現金1,500円がもらえます(こちらのキャンペーンは終了しました)。このページでは、その手順を画像つきでくわしく説明しています。すべての手順をのせているので、口座開設する際には資料請求画面と下にあるレポートを2つ並べて進めると大変便利です。

※こちらのページで紹介している画像は2009年のものですので、現在は画面が多少変わっている可能性があります。また、手数料も当時に比べて大幅に安くなっています。最新の手数料は「ネット証券の手数料比較表」をご覧ください。
また、現在キャンペーンは終了しています。

※マネックス証券は携帯電話で取引するほうが手数料が安くなります。

(1)資料請求の手順(2)(3)(4)(5)(6)

まずはマネックス証券の資料請求画面を開いてください。下のような画面が表示されたら、あとは以下の手順と見比べながら進めていけば問題ありません。

資料請求画面

~~~~~~~~~~~~~~~~~

資料請求画面
↓
「個人のお客様」をクリック
↓
必須項目を入力

電話番号や自宅住所の入力に関して、その後しつこい勧誘の電話がくることはありませんのでご安心ください。

↓
必須項目を入力

会社員の方は勤務先の入力が必須項目ですが、こちらも基本的に電話がかかって来ることはないのでご安心ください。

↓
受取口座入力
↓
支店名選択
↓
口座番号入力
↓
暗証番号入力
↓
源泉徴収あり
↓
ご請求コードを入力!
↓
入力内容確認画面

~~~~~~~~~~~~~~~~~

入力内容確認画面
↓

☆これで資料請求は完了です。

(1)(2)口座開設の手順(3)(4)(5)(6)

約2週間後に下の写真にあるような書類が届きます(口座開設シート、本人確認書類添付シート、返信用の封筒)。

書類
↓

口座開設申込書を開いてください。

口座開設申込書
↓

本人確認書類添付シートを開いてください。

本人確認書類添付シート
↓

口座開設申込書と本人確認書類添付シートを返信用封筒に入れて、ポストに投函してください。

送付用封筒
↓

☆これで口座開設の申し込みは完了です。

(1)(2)(3)株の買い方(4)(5)(6)

マネックス証券の口座に入金してください。

1,500円の現金をもらうには、5万円の入金が必要です。

↓

マネックス証券にログインします。

マネックス証券トップページ
↓
ログイン
↓
「株式取引」をクリック
↓
銘柄検索
↓
買い注文
↓
契約締結前交付書面に同意
↓
買い注文画面
↓
特定口座契約確認
↓
買い注文確認画面
↓
買い注文受付確認画面
↓

☆これで“パソコン”を使った買い注文は完了です。

(1)(2)(3)(4)株の売り方(5)(6)

続いては売り注文の手順です。

「残高照会・売り注文」をクリック
↓
「売却」をクリック
↓
売り注文画面
↓
売り注文確認画面
↓
売り注文受付確認画面
↓

☆これで売り注文は完了です。

(1)(2)(3)(4)(5)取引結果の確認(6)

それでは、取引結果を確認してみましょう。

「口座管理・残高照会」をクリック
↓
「取引履歴・損益」をクリック
↓
「取引履歴」をクリック
↓
取引履歴
↓

※現在は、取引手数料が大幅に低くなっています。

今回の取引では、2,200円の損失が出ました。これは、売買手数料の2,100円(買い注文:1,050円、売り注文:1,050円)と株価の下落による損失100円を合わせた結果です。

※マネックス証券ではパソコンで1回取引すると、1,050円の手数料がかかります。つまり、買ってから売るまでには合計2,100円の手数料が確実に必要です。

※携帯電話で取引を行えば1回の取引にかかる手数料は100円(税抜)~なので、キャンペーンの1,500円をゲットするときの売買には携帯電話での取引をおすすめします。※現在は、携帯電話・パソコンでの取引手数料の違いはなくなっています(2016年5月現在)

↓

取引を終えたら、キャンペーン終了後に1,500円もしくは書籍(ご自身で選んだほう)がもらえます。

※実際には買い注文のみ(取引1回)で1,500円もしくは書籍がもらえますが、売ることも考えると以上の手順になります。

※マネックスの口座残高が「0円」だとキャッシュバックされません。現金が振り込まれるまでは口座に「1円」以上を残しておいてください。

(1)(2)(3)(4)(5)(6)携帯電話での取引方法

ここからは携帯電話で取引をする場合の手順となります。

※携帯電話で取引をする場合、使いすぎると高額な通信料が発生する可能性があります。それを避けるためにも、事前にパケット定額に加入することをおすすめします。

アクセス方法は以下のようになっています。

携帯電話アクセス方法
↓

【EZweb】でのマネックス証券のログイン画面

「ログインIDでログイン」を選択
↓
ログイン画面
↓

買い注文を入れます。

「買い注文」を選択
↓
買い注文画面

~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い注文画面

~~~~~~~~~~~~~~~~~

買い注文画面
↓
確認画面
↓

これで買い注文は完了です。

受付確認画面

~~~~~~~~~~~~~~~~~

受付確認画面

続いて売り注文をだします。

↓
「売却」を選択
↓
売り注文画面

~~~~~~~~~~~~~~~~~

売り注文画面
↓
確認画面
↓

売り注文は完了です。それでは、取引結果を見てみましょう。

「注文約定一覧」を選択
↓

<買い注文の取り引き結果>

買い注文取引結果
↓

<売り注文の取り引き結果>

売り注文取引結果

最後に今回携帯電話で取引した結果を計算してみます。

(※下記の手数料は、2009年の当時の金額です。現在の最新手数料は「ネット証券の手数料比較表」でご確認ください)

■支払ったお金

【買った金額】 363円×100株=36,300円

【取引手数料】 105円×取り引き2回=210円

■受け取ったお金

【売った金額】 362円×100株=36,200円

■損益

36,200円-(210円+36,300円)=-310円

↓

ここでのポイントは、携帯電話で取引を行ったことで1回の取引手数料が100円(税抜)におさえられていることです。

先ほどのパソコンを使った例では、1回の取引に1,000円(税抜)の手数料がかかっています。つまり株を買う段階だけでも携帯電話の方が945円もお得ということになります!買いと売りの一連の取引になると1,890円も変わってくるので、取引を行うときは携帯電話の利用をおすすめします(※現在は、パソコンと携帯電話の手数料の違いはなくなりました)。

【マネックス証券を使って株取引を学ぼう】 (目次へ)

資料請求 →  ②口座開設 →  ③入金 →  ④株取引(買い注文) →  ⑤株取引(売り注文) →  ⑥出金