楽天証券で“世界経済インデックスファンド”に積立投資をしよう

楽天証券で積立投資信託-②入金方法

無事に口座を作ることができましたら、さっそく口座にお金を入れましょう!楽天証券で投資信託を積み立てするには、「毎月買いつけるお金」と「手数料など(信託報酬)」をあらかじめ証券口座に入れておく必要があります。お金に余裕のある方は、ある程度まとまった金額のお金を入れておくと、“入金の手間”が減りますし、“お金が不足していて買えなかった”ということも防げますのでオススメです♪

入金方法はインターネット上でおこなう方法と、ATM銀行へ行って直接入金する方法があります。私はインターネット上での入金をおすすめします!何より自宅でできますし、時間もほとんどかかりません。その上、手数料も無料で、入金もすぐ口座に反映されるんです♪ATMや銀行から入金すると数時間遅れで反映されます。(ただし、すべての銀行がネット入金を利用できるわけではありません)

◎楽天証券でネット入金ができる銀行は、次の7つの銀行です。

リアルタイム入金ができる銀行口座

リアルタイム入金ができる銀行口座

※それぞれの銀行でネットバンクの契約が必要です(インターネット上で“振込”や“残高照会”などが利用できるサービスのことです)。

また、ATMや銀行から直接入金をする場合は、楽天証券専用の振込口座へ入金してください。振込先の口座情報は、楽天証券で口座開設をしたときに送られてきた書類(ログインIDやパスワードが書いてある紙)に載っていますので、そちらを見ながら入金してください。

それでは、インターネット上で入金する手順を見ていきます♪

1.まずはじめに、こちら(楽天証券の公式サイト)をクリックしてください。
下のような画面がでてきますので、画面右にある【ログインID】欄に口座開設したときに楽天証券から送られてきた『ログインID』を入力し、【パスワード】欄にご自身が決めた『パスワード』を入力してください。入力しましたら、すぐ下にある『ログイン』をクリックしましょう。
(口座開設が完了していないと、ログインはできません)。

楽天証券にログイン

2.下のような画面が出てきます。
画面左下にある『入金する/出金する』をクリックします。

『入金する/出金する』をクリック

3.入出金の画面が出てきます。
右側の『リアルタイム入金へ』をクリックしてください。

『リアルタイム入金へ』をクリック

4.『リアルタイム入金へ』をクリックすると、下のような銀行一覧の画面がでてきます。
口座をお持ちの銀行をクリックしてください。今回は“三菱UFJ銀行”を例に進めます。

入金元の銀行口座を選ぶ
↓

5.リアルタイム入金の手続き画面が出てきます。
【振込入金額】に『入金したい金額』を入力し、『確認』をクリックしてください。

リアルタイム入金の手続き画面
↓

6.リアルタイム入金の確認画面が出てきます。
入金金額に間違いがないか確認し、『振り込み手続きへ』をクリックしてください。

リアルタイム入金の確認画面
↓

7.すると、選んだ銀行のホームページに飛びます。
あとは、それぞれの銀行のホームページの手順に従って入金作業を進めてください。

銀行を選択して『次へ』をクリックしますと、それぞれの銀行のホームページへ飛びます。そこからは銀行の手順に沿って引き続き入金作業を進めてください。続いては、いよいよ投資信託の積み立てサービスの申し込み手順を見ていきます!