ロシア株が買える証券会社

ロシア株が買える証券会社ロシアの国旗

ロシア」と言えば、かつてアメリカと勢力を二分するほどにまでなった超大国です。一時は政治的な混乱により経済が悪化して、その地位を完全に失ったものの、政治の安定化とともに、かつての影響力を取り戻しつつあります。

何と言っても、その力の源は「世界一、二位を争う埋蔵量と生産量を誇る、原油・天然ガス(LNG)などの豊富な天然資源」にあります。良くも悪くも、ロシアの景気は、これらの天然資源の価格にも影響を受けています。

原油輸入量のグラフLNG輸入量のグラフ

(2017年 貿易統計より)

<GDP増加率>

ロシアの実質GDP増減率

(ロシア連邦統計局より)

ただし、ロシアでも今回のコロナショックの影響は大きく、直近のGDP成長率は大きく下がっています。原油価格も大きく下げて、ロシアへのダメージは大きいです。もともと、GDF成長率が高い方ではないので、世界経済が不景気に陥って、資源価格が下がると、国としては相当厳しいのです。

以前は「BRICs」(ブリックス)という言葉で、ブラジル、インド、中国などの伸び盛りの国の一員となっていたロシアですが、資源頼みを脱却できず、経済成長が叶わなかったため、他国とは大きく引き離される格好となってしまいました。現在でも、GDP成長率は2~3%程度で、低位で推移しています。近年は国全体の成長が弱いので、個別に銘柄を選ぶのはともかく、投資信託やETFで買う必要はないかもしれません。

<ロシアの株や投資信託などを取り扱う証券会社>

ロシア 株式 投資
信託
ETF
SBI証券
楽天証券 ×
マネックス証券 × ×

個別株の売買手数料
SBI証券 :取引額×1.32%(税込)

値幅制限
前日の終値を基準として±10%

取り扱い銘柄
石油・天然ガス・電力・通信などを中心に約30社を取り扱っています。

取り引き時間(日本時間)>
SBI証券 → 16:00~25:00