重要な連絡事項

第一生命の株式の受け取りには、証券口座が必要です

第一生命から「割当株式数のお知らせ」が届いた方で、“1株以上”の割り当てがある方に大切なお知らせがあります。

平成22年2月19日(金)までに割り当てられた株を受け取る手続きをしないと、強制的に第一生命の「特別口座」に株を移されてしまいます。一度「特別口座」に株を移されてしまうと、そのあとご自身で株を受け取るときにとても面倒な手続きをしなくてはなりません。株を割り当てられた方は、できるだけ締め切りに余裕を持って、お早めに受け取り手続きを済ませてください。

割り当てられた株の受け取り方は“4種類”あります。

「第一生命の株式受領方法の確認書」のB「株式受領方法のご選択」をご覧ください。

B「株式受領方法のご選択」

●(1)野村証券に新たに口座を開設し、そこで“”として受け取る

●(2)すでに野村証券に口座を持っているので、そこで“”として受け取る

(3)自分で野村証券以外の口座を開設し、そこで“”として受け取る

●(4)割り当てられた株の評価額と同等の金額を“現金”として受け取る

【株】として受け取ろうと考えている方で1番2番を検討されている方は…ちょっとお待ちください。野村証券は規模が大きくてとても有名ですが、【インターネット証券】に比べると売買手数料がかなり高くなります(汗”)  将来、現金に換えようと第一生命の株を売れば必ず売買手数料が取られますので、手数料の安いインターネット証券で受け取る3番にしてはいかがでしょうか?

<手数料の比較>

証券会社/取引額 50万円 100万円
野村證券(店頭) 6,825円 11,634円
インターネット証券
カブドットコム証券
378円 378円

野村證券の手数料をインターネット証券と比べるとよくわかります。50万円の売買を例にとって比較すると、野村證券の手数料は“6,825円”かかりますが、インターネット証券の代表、カブドットコム証券の場合はたったの“378円”ですみます。なんと、約20倍もの差が出るんですね。金額にして6,500円の差です。せっかく株を売って利益が出ても、手数料で目減りしてしまってはもったいないですよね。

また、インターネット証券の中でも、三菱UFJグループに属しているカブドットコム証券は、東証1部に上場している証券会社で信頼できます。今回のような手続きで、もしわからないことがあっても、電話でていねいに担当者がサポートをしてくれるので安心ですね(サポートセンター 0120-390-390)。