コラム・資料室

電子マネー関連株まとめ

電子マネー株式市場で注目を集める、電子マネー関連株をまとめました。

電子マネーとは、JR東日本の『Suica(スイカ)』や『QUICPay(クイックペイ)』などの電子決済サービスのことをいいます。『Suica』は現金をICカードにチャージするプリペイド式(前払い式)の電子マネーで、『QUICPay』は後払いのポストペイ式と呼ばれています。電子マネーが入ったICカードやスマートフォンを持っていれば、現金を持ち歩かなくてもよくなるのが魅力。現金を落としたり盗まれたりする危険がなくなり、支払時に小銭を数える手間を省けるのも大きなメリットです。

電子マネー関連株には、インターネット決済やスマホ決済を手掛ける「ビリングシステム(3623)」、大日本印刷の子会社で金融システムを開発している「インテリジェント ウェイブ(4847)」、決済処理サービスを提供している「GMOペイメントゲートウェイ(3769)」、決済サービス会社の「ウェルネット(2428)」があります。

銘柄
コード
銘柄名
(クリックで最新株価)
事業内容
3623 ビリングシステム 決済支援サービス会社。インターネット決済やスマホ決済を手掛けており、独自サービスであるスマートフォン決済アプリ『PayB』を開発した。QRコードやバーコードを『PayB』で読み込むだけでかんたんに決済が完了するため、ECサイトなどの決済に導入が進んでいる。
4847 インテリジェント ウェイブ 大日本印刷の子会社で、金融関連ソフトを開発している。カード決済システムでは首位で、最近はスマートフォン向け決済システムの開発に力を注いでいる。
3769 GMOペイメントゲートウェイ 国内トップの決済処理サービス会社。GMOの子会社で、消費者向けEC業者サービスが強い。ECサイト向けにクレジットカード決済やビットコイン決済、PayPal決済などさまざまな決済サービスを一括導入できる『マルチペイメント』というサービスを提供している。
2428 ウェルネット コンビニなどの決済代行で大手の会社。電子決済のワンストップサービスやプリペイド型電子マネーに強みを持っている。中国人観光客増加を受け、アリペイ(支付宝)に対応した電子決済端末を開発中。
9020 東日本旅客鉄道
(JR東日本)
東北地方全域・関東・甲信越・静岡県の一部で営業している鉄道会社。ICカード『Suica』を提供しており、電車の利用や駅のコンビニ、提携している店舗での買い物などの支払いに使える。
6424 高見沢サイバネティックス 駅の券売機や改札機などを作っている会社。交通系ICカードに対応した端末のほか、硬貨処理やカード処理機器なども製造している。カード処理機器などは中国を中心に販売が伸びている。
6701 NEC
(日本電気)
通信インフラ設備で国内首位の会社。ITとネットワークによるICTサービスを提供しているほか、航空宇宙や防衛、顔認識などにも事業を展開している。電子マネーに関連して、決済用端末を開発している。USBで接続できるため、タブレット端末で会計する店舗にも導入可能。
3938 LINE SNSサービス『LINE』を運営している会社。『LINE』を活用したビジネス・ポータル事業と広告事業がメインだが、最近はサービスのすそ野を広げている。『LINE』上で友達への送金や割り勘ができる『LINE Pay』をスタートし、現在はJCB加盟店での支払いもできるようになっている。