1. ホーム
  2. テーマ株・関連株まとめ
  3. IoT(モノのインターネット)関連株・銘柄まとめ

IoT(モノのインターネット)関連株まとめ

株式市場で注目を集める、IoT(モノのインターネット)関連株をまとめました。

IoTとは、Internet of Thingの頭文字を取った略語で、日本語では「モノのインターネット」と訳されます。これは、私達がよく使うパソコンやスマートフォンなどの情報・通信機器以外のもの(たとえば、冷蔵庫などの家電製品)にも通信機能を持たせ、インターネットを経由して相互にやり取りしたり遠隔で動作の命令を送ったりすることができるようにする技術のことです。

この技術によって、いままではインターネットとは関係ないモノが対象になり、その分市場が爆発的に拡大すると考えられています。

注目株は、IoT対応装置から得られた情報を活用するためのサービスを提供する「富士通(6702)」や、インターネットに接続した機器をサイバー攻撃から守るシステムを研究している「アドソル日進(3837)」などがあります。

関連株・銘柄一覧

銘柄名
クリックタップで最新株価)
事業内容
富士通(6702) さまざまなセンサーや装置に対応しており、大量のデータを高速処理することができる。収集したデータは複数の企業で活用され、機器から得られる膨大な情報の蓄積と活用が活発化している。
JIG-SAW(3914) サーバーなどの自動監視システムが主力。あらゆるモノをインターネットに接続し、製品化できるソフトウェア「NEQTO(ネクト)」を展開していいる。2020年7月にはグーグルとパートナーシップ契約を結び、IoTの開発・導入を進めている。
オプティム(3694) スマホなどの端末を一括管理する、クラウドサービスを展開。AIやIoT、ロボットなどのIT技術を組み合わせることで、農業・医療・水産・製造・コールセンターなど、さまざまな分野で効率化省力化を果たしている。
CIJ(4826) AIやIoTなどの次世代技術が使われた、自律移動型のコミュニケーションロボット「AYUDA」を開発。ショッピングモールやホテルなどの施設で、接客業務をおこなう。また、「AYUDA-MiraMe」という感染症対策ロボットも開発し、非接触で検温・マスク装着検知ができる。いずれもコロナ禍で役立つロボットで、今後の需要取り込みに期待できる。
村田製作所(6981) 電子部品の大手メーカー。製造業向けのIoTソリューションを提供しており、製造現場に「スマート工具」の導入を進めている。「JIGlet(ジグレット)」という製造現場向けのIoTツールを開発し、国内外の製造現場に展開する。
ソフトバンクグループ(9984) 携帯電話キャリア大手。同社ではIoT向けにモノとモノをつなぐ通信技術やアプリケーションの開発に取り組んでいる。主に産業面での活用が期待されている。
アドソル日進(3837) IoT技術でインターネットに接続した機器を、サイバー攻撃等から守るシステムの研究・開発をおこなっている。産業機械がサイバー攻撃を受けると、生産が止まったり製品が破損したりしかねないため、保守システムの確率が急がれている。
ユビキタスAIコーポレーション(3858) 農業にITを掛けあわせた「スマートアグリ」において、農場に設置されたセンサなどから収集される温度や湿度、日光の照度などをデータベース化し、クラウドで管理し活用するシステムの開発を行っている。農業ではある意味「人の勘や肌感覚」に頼る部分があるが、そういったものを見える化することにより、農業の発展を目指している。

テーマ株・関連株の投資に役立つ、おすすめ証券会社

テーマ株・関連株に投資するなら、証券会社が提供しているサービスやツールがおすすめです。

証券会社名
(公式サイトへ)
サービス・機能名 特徴 詳細
SBI証券 テーマキラー ・売買手数料が無料
・成長期待のテーマ株10社に分散投資できる
5万円から購入できる

詳細

moomoo証券moomoo証券 テーマ・業種関連図など ・売買手数料が無料
ヒートマップが見られる
・業種関連図が便利

詳細

松井証券 テーマ投資ガイド ・人気テーマのランキングが見られる
・経済ニュースや決算情報が配信される

詳細

2024年6月現在)

どれもとても役立つので、ぜひ使ってみてください。特におすすめの証券会社は、SBI証券moomoo証券moomoo証券です。

それぞれの特徴を解説するので、参考にしてください(タブで切り替えができます)。

SBI証券

SBI証券は、テーマキラーを使えば、成長が期待できるテーマ株10社に、最低5万円から分散投資ができます。また、国内株の売買手数料は、現物・信用・単元未満株の取引がすべて完全無料です。手数料コース問わず、各種交付書面を郵送から電子交付に変更するだけで、約定金額にかかわらず売買手数料が無料になります。

そのほか、会社四季報が見られたり、銘柄分析ができる「分析の匠」が使えたり、投資に役立つサービスやツールも無料で使い放題です。

当サイト限定タイアップ企画で、口座開設+2万円以上の入金・振替で、もれなく現金2,500円とオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」がもらえるキャンペーンを実施しているので、ぜひ口座開設してくださいね。

SBI証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

moomoo証券(ムームー証券)moomoo証券(ムームー証券)は、Nasdaqの上場企業「Futu Holdings Limited(FUTU)」のグループ企業「moomoo証券株式会社」が運営する証券会社です。リアルタイム株価が見れたり、ニュースや企業レポートを確認できたり、分析ツールを使えたり、株式投資に必要な情報をワンストップでキャッチできます。

国内株の取引は約定金額にかかわらず無料です。また、市場分析が視覚化できるヒートマップや、業種理解が深められる業種関連図など、テーマ株・関連株の情報収集に役立つ機能が豊富にそろっています。

<ヒートマップと業界関連図>

ヒートマップと業界関連図

また、リアルタイム株価によるデモトレード機能もあり、まずは株式投資の練習をしてみたいという方にもおすすめです。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

やさしい株のはじめ方編集部

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部 

FP2級や証券外務員二種、日本証券アナリスト協会検定会員補を持つ複数のメンバーが「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。

ページ上部へ移動