IPO(新規公開株)の魅力

このページでは、IPO(新規公開株)の魅力について迫っていきます!IPO(新規公開株)というのは、おおざっぱに言えば今まで上場していなかった会社が証券取引所に上場することをいいます。投資家から見ると、新しく投資先が増えることになるわけです。…そんなIPOが今、注目を浴びています!

なんと、IPOはかなりの高確率で、公募価格(投資家が新規に買う値段)より初値が高くなっているのです!!【初値※1 - 公募価格】が初値売りの利益になりますから、例えば、公募価格が50万円で初値が80万円なら、差し引き30万円(=80万-50万)がIPOの利益となります。

※1 初値というのは、初めて株価がついたときの価格のことです。

これはどういうことか…といいますと、あらかじめIPO株を買っておいて、上場日に成り行き売り注文を出すだけで、かなりの高確率でもうかるという構図です。それだけ、IPOには人気があるということなんです。

松井証券

IPOに当選して、累計+3,242.89万円儲けました!

実際に、私が今までのIPOで当選した一例を紹介します。

銘柄名 公募価格 初値 利益
サイバーダイン 37万円 85.1万円 +48.1万円
比較.com 45万円 270万円 +225万円
リプロセル 32万円 178万円 +146万円

びっくりされるかもしれませんが、これは日常的に何回も起きています。初値が公開価格の2倍(↑100%)くらいになることもめずらしくありません。「こんなの信じられないよ~!」という方は、グループサイトのやさしいIPO株のはじめ方で「公募価格」と「初値」の関係をご自身でチェックしてみてください。(2013年6月に上場した“リプロセル”も初値が5倍以上になっています♪)

私自身、何度もIPOの当選を経験していて、これまでの当選成績は、なんと累計で+3,242.89万円にもなりました(IPO投資成績)。何か特別なことをしているわけではなく、淡々とネット証券から申し込みを続けた結果です。

その中でも大きかったのが、上の文章でも紹介した、マネックス証券で抽選を受けた『比較.comの当選(当選画面)』です。この頃は、IPOの人気が異常なくらい高く、公募価格45万円だったものが上場してみると、なんと初値で270万円にもなりました…(汗”)。あっという間に225万円のプラスでした…強烈ですね。

2021年に上場したIPO銘柄の実績は?

2021年は125社が新規上場しましたが、公募価格と初値を比べると、104勝20敗2分と大きく勝ち越す結果となりました。ちなみに、2021年に上場したすべての銘柄に1単元(100株)ずつ当選して初値で売ったとすると、初値売りの利益は約1,300万円にもなるんです。

現実的に考えて、すべて当選することはむずかしいですが、IPOの大きな魅力は実感できるのではないでしょうか。 2021年に上場した全銘柄(125社)の損益については、以下の画像でまとめていますので、よければご覧ください。

2021年に上場した会社のIPO結果

もっと見る +

このように、IPOは大きなチャンスがあります。リターンが大きい割に、リスクがかなり低いので初心者の方にもおすすめできます!次のページでは新規公開株(IPO)の買い方・抽選の受け方を紹介します。

■IPO株申し込みにおすすめのネット証券
証券会社
(公式サイトへ)
取扱い数
(2021年)
ライバル
(口座数)
総合評価 ネット証券
詳細情報へ
SBI証券 ◎
(122社)
○
600万※2
◎ SBI証券の詳細情報
SMBC証券 ◎
(81社)
○
370万)
◎ SMBC日興証券の詳細情報
マネックス証券 ◎
(66社)
◎
198万)
◎ マネックス証券の詳細情報

2022年1月時点)

※2 SBI証券単体の最新口座数は非公開のため、2021年3月に発表された口座数を記載しています。

もっと詳しくIPOの証券比較をしたい方は、「証券会社別に攻略法を検証する」をご覧ください。

☆IPO投資が盛り上がっています!稼ぐチャンスですよ!

ホームへ戻る

IPO株の買い方へ進む