1. ホーム
  2. テーマ株・関連株まとめ
  3. ロボット関連株・銘柄まとめ

ロボット関連株まとめ

株式市場で注目を集める、ロボット関連株をまとめました。

ロボットは製造業をはじめとして、サービス業や農林水産業、医療・介護など、幅広い業種で需要が高まっています。2020年の市場規模は1.6兆円で、2035年までに9.7兆円まで成長する見込みです。

ロボットを導入することで、生産性向上による売上アップや、省力化・省人化によるコストカットに繋がります。AIやIoTとの相性もよく、今後伸びていく分野と言えるでしょう。

介護用ロボットの「CYBERDYNE(7779)」や「菊池製作所(3444)」、ヒューマノイド(人間型ロボット)の「川田テクノロジーズ(3443)」、サイバーダインの取引先の「ハーモニックドライブシステム(6324)」です。変わったところでは、国内シェア5割のすしロボットを作る「鈴茂器工(6405)」もおもしろいですね。

関連株・銘柄一覧

銘柄名
クリックタップで最新株価)
事業内容
CYBERDYNE(7779) 医療・介護福祉・生活支援分野などで活用されるロボットスーツ(HAL)の研究開発・製造・販売及び製品を利用したサービスの提供。
菊池製作所(3444) 金型製作、板金、成形、プレス加工などが主力も、介護用ロボット(マッスルスーツ)が受注堅調。
川田テクノロジーズ(3443) 鉄骨と鋼橋、PC土木、システム建築の総合最大手。航空事業兼営。ロボットなど先端分野を育成中。
ハーモニックドライブシステム(6324) 精密制御減速装置が主力。減速装置に各種駆動装置組み合わせのメカトロ製品を柱に育成強化。産業ロボット向けが中国EMSなど上期7割増の勢い。溶接ロボット向けも着実。
鈴茂器工(6405) シェア5割のすしロボットが軸。世界的な寿司ブームを背景に海外で稼ぐ。
富士ソフト(9749) ソフトウェアの開発・販売を手がける独立系大手。AIを搭載するコミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」を開発し、販売している。PALROは100人以上の顔と名前を記憶でき、高い会話能力が備わっている。主に介護現場で活躍。
CDS(2169) ロボットやFA(工場の自動化)、三菱自動車向けのシステム開発などを手がける。FAロボットシステムの研究に力を入れており、つぶさず、傷つけずにモノを掴む「触覚センサーロボットハンド」を開発。主に物流や農業の現場で導入されている。
川崎重工業(7012) 総合重機大手。産業用ロボットは50年以上研究・開発をしており、半導体ウエハーを運ぶロボットや、双腕スカラロボットによる自動検温など、求められている需要をいち早く自動化できるロボットを開発している。

テーマ株・関連株の投資に役立つ、おすすめ証券会社

テーマ株・関連株に投資するなら、証券会社が提供しているサービスやツールがおすすめです。

証券会社名
(公式サイトへ)
サービス・機能名 特徴 詳細
SBI証券 テーマキラー ・売買手数料が無料
・成長期待のテーマ株10社に分散投資できる
5万円から購入できる

詳細

moomoo証券moomoo証券 テーマ・業種関連図など ・売買手数料が無料
ヒートマップが見られる
・業種関連図が便利

詳細

松井証券 テーマ投資ガイド ・人気テーマのランキングが見られる
・経済ニュースや決算情報が配信される

詳細

2024年7月現在)

どれもとても役立つので、ぜひ使ってみてください。特におすすめの証券会社は、SBI証券moomoo証券moomoo証券です。

それぞれの特徴を解説するので、参考にしてください(タブで切り替えができます)。

SBI証券

SBI証券は、テーマキラーを使えば、成長が期待できるテーマ株10社に、最低5万円から分散投資ができます。また、国内株の売買手数料は、現物・信用・単元未満株の取引がすべて完全無料です。手数料コース問わず、各種交付書面を郵送から電子交付に変更するだけで、約定金額にかかわらず売買手数料が無料になります。

そのほか、会社四季報が見られたり、銘柄分析ができる「分析の匠」が使えたり、投資に役立つサービスやツールも無料で使い放題です。

当サイト限定タイアップ企画で、口座開設+2万円以上の入金・振替で、もれなく現金2,500円とオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」がもらえるキャンペーンを実施しているので、ぜひ口座開設してくださいね。

SBI証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

moomoo証券(ムームー証券)moomoo証券(ムームー証券)は、Nasdaqの上場企業「Futu Holdings Limited(FUTU)」のグループ企業「moomoo証券株式会社」が運営する証券会社です。リアルタイム株価が見れたり、ニュースや企業レポートを確認できたり、分析ツールを使えたり、株式投資に必要な情報をワンストップでキャッチできます。

国内株の取引は約定金額にかかわらず無料です。また、市場分析が視覚化できるヒートマップや、業種理解が深められる業種関連図など、テーマ株・関連株の情報収集に役立つ機能が豊富にそろっています。

<ヒートマップと業界関連図>

ヒートマップと業界関連図

また、リアルタイム株価によるデモトレード機能もあり、まずは株式投資の練習をしてみたいという方にもおすすめです。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

やさしい株のはじめ方編集部

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部 

FP2級や証券外務員二種、日本証券アナリスト協会検定会員補を持つ複数のメンバーが「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。

ページ上部へ移動