1. ホーム
  2. テーマ株・関連株まとめ
  3. シェアリングエコノミー関連株・銘柄まとめ

シェアリングエコノミー関連株まとめ

株式市場で注目を集める、シェアリングエコノミー関連株をまとめました。

シェアリングエコノミーとは、インターネットを活用して個人が所有する自動車や住宅などの資産を他人に貸し出すことで収益を得るサービスをいいます。近年日本国内でも話題になっている住宅の貸し出しサービス「Airbnb」や、タクシー配車サービス「Uber」がこれに当たります。

特に自動車においては、所有するという認識から共有するという認識へ変わってきています。なぜなら、お金がかかる資産は複数人で共同で買って使うほうが経済的だと考える人が増えてきたからです。これから、他の資産においても共有ブームがやってくるのかもしれませんね。

注目株は、時間貸し駐車場事業と並行して自動車貸し出しサービスをおこなう「パーク24(4666)」、民泊向けリノベーションサービスをおこなう「TATERU(1435)」、スポーツ選手のマッチングサービスをおこなう「LIFULL(2120)」、シェアリングエコノミー協会を設立した「ガイアックス(3775)」や、日本最大級のクラウドソーシングのマッチングプラットフォームを運営する「クラウドワークス(3900)」などが注目されています。

関連株・銘柄一覧

銘柄名
クリックタップで最新株価)
事業内容
パーク24(4666) 時間貸し駐車場経営最大手の会社。2009年から駐車場に貸し出し用の自動車を配置し、カーシェア事業で国内初の黒字を達成した。2015年には34都道府県に展開、配車台数1万台を超えており、誰でも気軽に使える環境が整いつつある。
TATERU(1435) 民泊向けリノベーションサービスをおこなう会社。民泊用の部屋にインターネットに接続されたエアコンや照明などを設置したり、外国人利用者用の多言語対応のタブレットを設置する。これによって、民泊をインターネット上で一括管理することが可能になった。IoTを活用して、民泊施設のオーナーと利用者双方の負担を軽減する素晴らしいサービス。
LIFULL(2120) 日本初のスポーツ選手とスポーツチームのマッチングサービス「Lifull Scouting」を展開する会社。このサービスに登録したプレイヤーはサイトで自分のプロフィールを公開し、チームや企業はサイト内で興味のあるプレイヤーを見つけてスカウトするシステム。現在は野球、サッカー、バスケットボール、テニス、ゴルフをメインに対応させているが、これ以外の競技でも登録可能。スポーツでの活躍を目指す若者や企業にはうってつけのサービス。
ガイアックス(3775) 2015年のシェアリングエコノミー協会の設立から関わる代表理事企業。ブロックチェーンの研究開発に2015年から取り組んでおり、現在はシェアリングエコノミーの発展形として、個人間取引が中心となる「web3/DAO」を活用した事業にも注力。起業家輩出の仕組みをもち、複数のシェアリングエコノミーに取り組む複数企業を輩出また出資をしている。
クラウドワークス(3900) 人材マッチングやクラウドソーシング事業で最大手の会社。シェア・取引額・ワーカー数で日本最大級。フリーランスや在宅ワーカーなど仕事をしたい人と仕事を発注したい企業などを、オンラインのプラットフォーム上で直接マッチングするダイレクトマッチング・モデルと、クラウドワークス社のエージェントが仲介するエージェント・モデルの2種類でワーカーとマッチングを展開し、シェアリングエコノミー市場を成長させた。
シノケングループ(8909) アパート・マンションの販売事業や不動産賃貸管理事業をおこなう会社。2015年12月に民泊に関する条例が制定された東京都大田区に、マンション1棟・総戸数46戸の建設を進めている。このマンションは民泊対応型として建設をおこなう予定で、完成後は実際に民泊施設として運営する。また周辺サービスとして、民泊物件を対象とした清掃サービスや民泊対応型少額短期保険の開発などへの参入も検討している。
ディー・エヌ・エー(2432) オークションサイト「ビッダーズ」などインターネットサービスの企画・運営をおこなう会社。個人間でのカーシェアサービス「Anyca」は、車を持っていて貸し出したいオーナー、車を持っておらず借りたいドライバーをインターネットを通してマッチングする。駐車場運営会社から借りるのと違い、車の受け渡し場所が自由なのが魅力のひとつ。

テーマ株・関連株の投資に役立つ、おすすめ証券会社

テーマ株・関連株に投資するなら、証券会社が提供しているサービスやツールがおすすめです。

証券会社名
(公式サイトへ)
サービス・機能名 特徴 詳細
SBI証券 テーマキラー ・売買手数料が無料
・成長期待のテーマ株10社に分散投資できる
5万円から購入できる

詳細

moomoo証券moomoo証券 テーマ・業種関連図など ・売買手数料が無料
ヒートマップが見られる
・業種関連図が便利

詳細

松井証券 テーマ投資ガイド ・人気テーマのランキングが見られる
・経済ニュースや決算情報が配信される

詳細

2024年6月現在)

どれもとても役立つので、ぜひ使ってみてください。特におすすめの証券会社は、SBI証券moomoo証券moomoo証券です。

それぞれの特徴を解説するので、参考にしてください(タブで切り替えができます)。

SBI証券

SBI証券は、テーマキラーを使えば、成長が期待できるテーマ株10社に、最低5万円から分散投資ができます。また、国内株の売買手数料は、現物・信用・単元未満株の取引がすべて完全無料です。手数料コース問わず、各種交付書面を郵送から電子交付に変更するだけで、約定金額にかかわらず売買手数料が無料になります。

そのほか、会社四季報が見られたり、銘柄分析ができる「分析の匠」が使えたり、投資に役立つサービスやツールも無料で使い放題です。

当サイト限定タイアップ企画で、口座開設+2万円以上の入金・振替で、もれなく現金2,500円とオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」がもらえるキャンペーンを実施しているので、ぜひ口座開設してくださいね。

SBI証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

moomoo証券(ムームー証券)moomoo証券(ムームー証券)は、Nasdaqの上場企業「Futu Holdings Limited(FUTU)」のグループ企業「moomoo証券株式会社」が運営する証券会社です。リアルタイム株価が見れたり、ニュースや企業レポートを確認できたり、分析ツールを使えたり、株式投資に必要な情報をワンストップでキャッチできます。

国内株の取引は約定金額にかかわらず無料です。また、市場分析が視覚化できるヒートマップや、業種理解が深められる業種関連図など、テーマ株・関連株の情報収集に役立つ機能が豊富にそろっています。

<ヒートマップと業界関連図>

ヒートマップと業界関連図

また、リアルタイム株価によるデモトレード機能もあり、まずは株式投資の練習をしてみたいという方にもおすすめです。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

moomoo(ムームー)に
新規登録する

アプリインストール・新規登録に費用は一切かかりません。

やさしい株のはじめ方編集部

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部 

FP2級や証券外務員二種、日本証券アナリスト協会検定会員補を持つ複数のメンバーが「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。

ページ上部へ移動