外貨へ両替する時の手数料比較

お得な外貨両替(手数料比較)

みなさんがお金を外貨に両替するときは、たいてい、次の2つのどちらかだと思います。

  • 海外旅行で使うから (現地で買い物するため)
  • 資産保全のため (日本円が信用できないから、他国の通貨に換えておく)

外貨に換える理由はどうあれ、「銀行や空港で外貨に両替する」と言うのが、真っ先に思い浮かぶ考えだと思います。ちょっと気の回る方は、金券ショップに足を運んで、少しでも手数料を少なくして両替できる方法を選ぶのではないでしょうか? 短期間の旅行であれば、現地でクレジットカードも使えるところもありますし、現地で両替するというのも有効かもしれませんね。

私も海外に行くようになってから(海外旅行記を書いてます)、「なんとか割安な手数料で外貨両替ができないものか…」と調べていました。銀行や空港にある両替コーナーって、為替手数料が異常に高いんですよね。みなさんも実感しませんか?

そこで、為替手数料がひと目でわかるように、比較表を作ってみましたのでご覧ください。この差はあきらかです!

≪外貨両替(米ドル) - 為替手数料比較表≫
1ドル=100円のとき、「10万円(1,000ドル分)」を「米ドル」に両替したときにかかる片道の為替手数料

為替手数料(円→米ドル)
※10万円(1,000ドル)を両替したときの為替手数料
備考
銀行 2,000~3,000円 為替手数料は1ドルにつき、「みずほ銀行」は、3円。「三井住友銀行」は、3円(外貨両替コーナーの場合、2円70銭)。なんと、両替金額の3%も為替手数料を取られます…。
金券ショップ 2,000円 ネット取引可能な大手金券ショップの為替手数料は、1ドルにつき2円です。1,000ドルの両替で2,000円の為替手数料となります。(※別途その他の手数料がかかる場合があります)
FX会社
(ネット口座)
200円 マネーパートナーズ」は、1ドルにつき20銭(0.2円)の為替手数料です。1,000ドル両替しても、200円で済みます。

(2018年7月2日現在)

上の表をご覧の通り、FX会社で外貨両替をすると、為替手数料は20銭(=0.2円)と他と比べて極端に安く済むんです。こうしてみると、お得な外貨両替はFX会社であることは明らかですね。今回は、10万円(1,000ドル)で試算していますが、これが10倍の100万円(1万ドル)であれば、手数料も10倍になってしまうことは言うまでもありません。

こうしてみるとFX会社で両替することは万能のようにみえますが、ここで一つ問題点があるんです。FX会社は店舗ではなくて、インターネット上の口座でお金のやりとりをするんです。つまり銀行と違って、窓口がないことが問題なんです(汗”)

つまり、「外貨両替した後にそれをどうやって引き出せばいいのか?」という重大な問題が生じますよね。銀行や金券ショップでは、その場で現金(円)と直接交換できますが、FX会社から外貨を引き出すには、どうすればいいのでしょうか? 次のページで、この問題を解決します。