株の売り方をわかりやすく紹介しています。
やさしい株のはじめ方  
〜基礎からわかる株式投資〜
サイトマップ 証券会社の選び方 株式投資の基本 株式投資の応用 たまご投資日記 株式用語集
株式投資の基本    
株式投資の基本>株を実際に売ってみる>株を売ることについて

株を実際に売ってみる



<株を売ることについて>

 「株式投資は買い時よりも売り時のほうがむずかしい!」とよく言われます。買ったときよりも株が上がっていたとしても、それは含み益の段階であって、まだ利益は確定していません。売ることによって(利食い)はじめて利益が確定します!

 

 売り時のほうが難しいと言われるゆえん、それは人間心理が絡んでくるということです。株式投資は人間が行なうものです。当然感情が入りこんできます。 そうするとどうなるか…、もうかりはじめたら、まだもう少しいけるんじゃないかと思います。損をし始めたら、もうちょっと持っておけばそのうち上がるんじゃないかと思います。人間は自分の考え方に都合がいいものです。しかしそれは考えものです。実際にそんなことをしていたら、いつまでたっても売れませんからずーっと勝てません!
 それでは、どうしたらいいでしょうか?

 

 …こういう方法はどうでしょうか?あらかじめ買うときに売り値をシミュレーションしておきます。買ったときの株価が1000円としたら、「1割アップの1100円になったら売ろう。」もしくは、「1割ダウンの900円になったら売ろう(損切り)。」といった感じです。もちろん状況に応じた判断は必要ですが、最初から自分なりのルールを持っていれば売り時に迷う心配がなくなりますね。
 

 これは一つの例でしたが、自分で売り時ルールを作っていけばよいと思います。「利食い千人力」という格言もありますから、積極的に売ることも必要だと考えてください。


 

          ☆株は売り時が一番むずかしいです!

 ・株に対する心構え
 ・株のしくみを知る
 ・株のかせぎ方を知る
 ・株を実際に買ってみる
 ・株を実際に売ってみる
 ◆株を売ることについて
 ◆売り注文の出し方
 ・株にかかる税金
株式投資の応用
証券会社の選び方
たまご投資日記
株式用語集
その他

初めての方へ | サイトマップ | 証券会社 | 基本編 | 応用編 | 用語集 | やさしい株のはじめ方
Copyright - © Hiccky 2005. All Rights Reserved