株式投資の応用

セゾン投信を研究する

<セゾン・バランスファンドの魅力(4)>

まえのページの「国内・国外のさまざまな資産に分散投資している」の続きになります。 国外にも分散投資をすることで、大きなメリットを受ける事ができます。

■セゾン・バランスファンドの魅力 - 円の価値が下がる(円安)と得するしくみ

先ほど説明しました“さまざまな資産に分散投資をする”に説明の補足になりますが、外国の資産(現金や株など)を持っているときに、円の価値が下がると利益が出るのです! これはどういうことでしょうか!?まず、その理由について説明しますね。

みなさんは新聞などで「1ドル=100円」というような言葉を目にしたことがありませんか?これは為替レートと呼ばれていて、私たちがアメリカなど海外へ旅行に行くときに、「円をドルと交換する」時に利用される通貨の交換比率のことです。

たとえば“1ドル=100円”のときに、ちょっとリッチに100万円を持ってアメリカへ旅行にいくことにしました。このまま100万円を持っていても、アメリカでは『円』では買い物ができませんので、円を『ドル』に交換する必要があります。1ドル=100円なので、100万円を渡して1万ドル(=100万円÷100円)に交換してもらいました。

すると、1週間後に“1ドル=110円(円安)”になったとします。もし、この日にアメリカへ旅行にいく人は、100万円を渡しても、1万ドルとは交換することはできません(=100万円÷110円)。なぜなら、1ドル100円から1ドル110円へと円の価値が下がってしまったからです。これは、1ドルを交換してもらうために100円でよかったものが、110円必要になってしまったということです。

一方、先週ちょっとリッチにアメリカへ旅行に来た人が日本へ帰ろうとして、1万ドルを円に換えた場合にはなんと110万円になっているのです。 (『あれあれ!?旅行に行ったのにお金を使っていないぞ?』って言うことには突っ込まないでください…笑)。

つまり、先週アメリカへ行った人は、100万円を持っていたはずですが、「1ドル=100円」が「1ドル=110円」になったおかげで、手元のお金が10万円増えた(=110万円-100万円)のです。このように、円を外国の資産に換えて持っていて、そのあと円の価値が下がると利益が得られるのです!

ちなみに、以下のグラフが示しているように、2016年8月現在、ドルに対する円の価値は下がり気味になっています。

為替レート推移

グラフはSBI証券より引用

そして、今の急激な円の価値の上昇は、円の価値が上がって引き起こされているのではなく、相対的にドルの価値が下がっているためです。ドルの価値が下がっている理由は、サブプライムローン問題などの影響により、アメリカの経済が一時的に不安になっているためと考えられます。

…ということは、再びアメリカの経済が回復してきたときには、ドルに対する円の価値が再び下がる(円安になる)可能性があります。今アメリカの資産を持っておくと、アメリカの経済が回復してきたときに利益を得られるとも言い換えられます。 しかし、これが日本の資産しか持っていなかった場合には、円安によるメリットは受けらなくなってしまいます。

次は、この『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』を同じような国際分散型の投資信託と比較してみます。似たような投資信託で、どのような違いがあるでしょうか!?