PC表示スマホ表示

 呼び値の解説です。

~基礎からわかる株式投資~

 コラム・資料室


 呼び値



 このカテゴリーは、“コラム・資料室”として事前に知っておくと便利な情報を載せていきます。

 ここでは、呼び値(よびね)を見ていきます。呼び値とは、売り買いの値段(1株当たり)のことです。株価が上がってくると呼び値の単位も大きくなります。株の注文は呼び値の単位でしか出すことができませんのでご注意ください。 詳細は下の表を参照してください。


 注)『1,000円超』という表記は、1,000円を含みません。 『1,000円以下』という表記で、1,000円を含みます

2015年9月24日に変更がありました。
呼び値 呼び値の単位
通常の銘柄 TOPIX100銘柄
~1,000円以下 1円※1 0.1円
1,000円超~3,000円以下 1円 0.5円
3,000円超~5,000円以下 5円※2 1円
5,000円超~10,000円以下 10円 1円
10,000円超~30,000円以下 10円 5円
30,000円超~50,000円以下 50円 10円
50,000円超~100,000円以下 100円 10円
10万円超~30万円以下 100円 50円
30万円超~50万円以下 500円 100円
50万円超~100万円以下 1,000円 100円
100万円超~300万円以下 1,000円 500円
300万円超~500万円以下 5,000円 1,000円
500万円超~1000万円以下 10,000円 1,000円
1000万円超~3000万円以下 10,000円 5,000円
3000万円超~5000万円以下 50,000円 10,000円
5000万円超~ 10万円 10,000円


<呼び値の例>
【ケース1】 ※1
 株価が100円であった場合は、『99円』、『100円』、『101円』など、呼び値の単位1円単位で注文を出すことができます。

【ケース2】 ※2
 株価が4,000円であった場合は、『3,995円』、『4,000円』、『4,005円』など、呼び値の単位5円単位で注文を出すことができます。しかし、呼び値は5円単位のため、『4,001円』という注文は出せません。

  【コラム・資料室】コラム・資料室トップ
  呼び値  値幅制限表
  配当・株主優待の権利カレンダー  過去の事象による銘柄検証
  ライブドアショックから学ぶ  相場の格言から学ぶ - 1(計画的ナンピン買い)
  CAGR(年平均成長率)を使えるようにする  やってはいけない!不公正な株取引のルール
  株券電子化とは?