むさし証券で学ぶ

むさし証券の資料請求ガイド

このページでは、むさし証券で株を買うための下準備ともいえる資料請求の進め方を、実際の画面を使って解説していきます(株を買うまでには、『1、資料請求→2、口座開設→3、入金→4、買い注文』というステップを踏みます)。はじめてで不安な方は、ぜひこのページを見ながら一緒に資料請求してくださいね。資料請求を進める上で必要なものは、お金を受け取るときに必要なご自身の銀行口座の情報だけです。ちなみに、資料請求は3分ほどで終わります。

1.まずはじめに、むさし証券の資料請求ページを開いてください。下のような画面が出てきますので、『今すぐ始める!』をクリックしてください。

今すぐ始めるをクリック
↓

2.口座開設の約束事の確認画面が出てきます。内容を理解したら、『上記内容に同意します。』にチェックを入れ、『新規口座開設』をクリックしてください。

新規口座開設をクリック
↓

3.ご本人様の個人情報を入力してください。[必須]と書かれているところは必ず入力してください。電話番号や住所を入力するところがありますが、証券会社から勧誘の電話などはかかってくることはありませんので、安心して登録してください。入力が終わりましたら、画面下の「次画面へ」をクリックしてください。

必要事項を入力し、次画面へをクリック
↓

4.ご本人様の勤務先ご家族について入力してください。[必須]と書かれているところは必ず入力してください。こちらも、勤務先に連絡や勧誘などが来ることはありませんので、安心して入力してください。入力が終わりましたら、画面下の「次画面へ」をクリックしてください。

必要事項を入力し、次画面へをクリック
↓

5.こちらのページが一番複雑かもしれませんが、落ち着いてこのページと見比べながら入力していただければ、問題なく進めます。

まず、【振込指定登録先】に金融機関の情報(銀行名・支店名・口座番号など)を入力してください。ここで登録した金融機関は、むさし証券から出金したお金の振込先となります。[必須]と書かれているところは必ず入力してください。入力が終わりましたら、画面下の『申込確認』をクリックしてください。

【配当金振込指定方式】は、今回は『株式数比例配分方式』を選びました。株式数比例配分方式とは、配当金を証券口座で受け取る方法です。この方式にしておくと、証券会社が株式から生まれる利益と損失を一括して計算(損益通算)してくれるので、とても便利です♪また、登録配当金受領口座方式とは、株式の配当金を登録した銀行口座で受け取る方法です。

【送金先金融機関】は、むさし証券に入金するための口座です。三菱UFJ銀行か、りそな銀行の2種類から選べます(振込手数料は銀行によって異なります)。むさし証券が口座を作ってくれるので、ご自分で手続きをする必要はありません。

【口座種別】は、今回は『源泉徴収ありの特定口座』を選びました。この口座では、確定申告を証券会社がおこなってくれるので便利です。(詳しくは株にかかる税金をご覧ください) 

【源泉徴収口座の申告分離課税】では、『あり』がおすすめです。この方式にすると、証券会社が損益通算してくれるため、手間が省けます。また、株式による損失がある場合、減税を受けることができます。

【内部者】には、ご自身が上場企業の関係者である場合、銘柄コードと会社名を入力します。関係者でない場合は、入力の必要はありません。

申込確認をクリック
↓

6.最後に内容の確認画面が出てきますので、確認をしてください。間違いがなければ、画面下の『資料請求』をクリックしてください。

資料請求をクリック

☆ 資料請求おつかれさまでした! ☆

これで資料請求完了です!申込みから約1週間ほどで、むさし証券から『口座開設するための書類』が送られてきます。これにハンコを押すなどして、証券会社に返送すれば口座開設が完了します。次のページで詳しく解説しているので、書類がお手元に届きましたらご覧ください。

資料請求をする上でご質問などございましたら、お気軽にメールをお寄せください。

むさし証券を使って株取引を学びましょう(サポートページの目次
資料請求口座開設お金を入れる(入金)買い注文売り注文お金を出す(出金)