会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

担当・西尾

最終更新日:2019年9月6日

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

著者
: 渡部 清二
出版社
: 東洋経済新報社
ページ数
: 256ページ
価格
: 1,400円(税抜)

内容紹介

会社四季報を使って10倍株(テンバガー)や100倍株を見つける方法について、書かれている本です。著者の渡部氏は、20年以上にわたって毎号2,000ページの四季報を読み、投資で成功を重ねてきた方です。この本を読めば、誰でも10倍株探しを再現できます。

会社四季報を使って10倍株を見つける4つのポイント

著者の渡部氏は、20年以上にわたって会社四季報を毎号読み続けてきた方です。そして、四季報を読んでいて気になった銘柄に投資し、実際に10倍株を発掘しました。

この本では、渡部氏が実践している「10倍株を見つける4つの方法」とその成功例、10倍株を見つけるための考え方が紹介されています。この書評では、「10倍株を見つける4つの方法」に絞って紹介します。

  • ①増収率が20%以上
  • ②営業利益率が10%以上
  • ③オーナー経営者で筆頭株主
  • ④上場5年以内

上の4つの条件を満たす銘柄が、10倍株に化ける可能性が高いのだそうです。

4つのポイントを詳しく解説

まずは、①増収率が20%以上の銘柄を探す方法を紹介します。【業績】欄の売上高の推移で確認できます。しかし、増収率は載っていないので、売上高が4年で2倍になっている銘柄を探すのがコツです。売上高が4年で2倍になる銘柄は、毎年の増収率が20%となります。

増収率20%以上の銘柄を買うのは、事業内容が波に乗っていて、業績が勢いよく成長するのに合わせて、投資家の注目が集まるからです。そうすると、買いたい人が増えるので、株価が上がりやすくなります。

続いて、②営業利益率が10%以上の銘柄を探す方法を紹介します。こちらも【業績】欄を使い、「営業利益÷売上高×100」を計算しましょう。出てきた営業利益率が10%以上であれば、投資対象となります。この「営業利益率10%」は、企業の「稼ぐ力」を調べるときに使われる目安です。

③オーナー経営者で筆頭株主の銘柄を探す方法を紹介します。チェックするのは、【役員】欄と【株主】欄の2つです。役員欄に載っている社長や会長の名前が、株主欄の上位株主に入っていれば、投資対象となります。

オーナー経営者の企業を選ぶ理由は、トップダウンで意思決定できるため、迅速に企業を成長させられるからです。また、株主欄に投資ファンドの名前が入っていたら、後から投資ファンドが株を売るかもしれないので避けるべきです。

最後に、④上場5年以内の銘柄を探す方法を紹介します。これは、企業名の下にある【上場】欄で確認できます。上場5年以内の銘柄を選ぶ理由は、過去の10倍株を調べると、上場5年以内の銘柄が60%以上を占めていたからです。つまり、上場5年以内の銘柄に投資すれば、10倍株となる可能性が高いのです。

まとめ

会社四季報は、企業の情報がコンパクトに詰まった本です。投資初心者でも、一度は書店で見かけたことがあるでしょう。ただ企業の状況を読むだけでなく、渡部氏のように10倍株を見つけるツールとしても活用できます今回紹介した「10倍株を見つける4つのポイント」は、誰でもすぐに実践できるものばかりです。この本を読んで、会社四季報を使った10倍株探しの旅を楽しみましょう!

また、本書では10倍株の実例や10倍株を見つけるための考え方も紹介されています。4つのポイントの理解と事例学習までこの一冊でできてしまうので、脱初心者を目指す投資家のみなさんは必携の本です。

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

著者
: 渡部 清二
出版社
: 東洋経済新報社
ページ数
: 256ページ
価格
: 1,400円(税抜)
amazon(アマゾン)
楽天ブックス
honto

西尾のプロフィール

西尾

・やさしい株のはじめ方の資産運用担当
・ファイナンシャルプランナー2級、証券外務員の資格あり
・年間200銘柄以上を分析中

Twitter「@kabuotaku758」でも情報発信中です!