投資成績

2005年からの運用成績など

投資をはじめてから17年目になりました。2022年の目標は、引き続き【年利回りで+15%もしくはTOPIX比+10%】を目指します。(年利回り15%とは、100万円投資した場合に、1年後には“115万円”にしたいと言う意味です)

【年利回りで+15%】というのは、まず“企業価値の増大(成長)+割安度の修正”で年利回り20%を目指します。保有資産全体から見た株式投資等の金融商品への投資金額が多くても80%(残り20%は現金保有)に設定しているため、利回り20%×投資金額80%=16%≒15%と言うわけです。

長期投資を軸としているため、株の売買は頻繁にはしていません。保有している株の株価が変動していることが多いので、売却前の含み益も多いです。売却後の確定利益ではございません。

尚、気まぐれに成績をつけていますので、運用資金の増資・減資などは自由に行っています。資金の増減が常にあり、運用の連続性はございません。

2022年の運用成績(前月比)

運用月 運用成績
1月 -118,000,434円(-14.07%)
2月 +13,372,829円(+1.59%)
3月 +5,358,588円(+0.64%)
4月 -61,317,783円(-7.31%)
5月 +14,780,334円(+1.76%)
6月 +31,545,343円(+3.76%)
7月 +24,260,071円(+2.89%)
8月 -4,098,623円(-0.49%)
9月 -19,925,206円(-2.38%)
10月  
11月  
12月  
累計 -114,024,881円(-13.60%)

月別のパフォーマンス比較〔%〕

運用月 ひっきー
ファンド
TOPIX 東証グロース
(ジャスダック※1
1月 -14.07% -4.84% -9.25%
2月 1.59% -0.47% 0.90%
3月 0.64% 3.15% 1.83%
4月 -7.31% -2.40% -12.11%
5月 1.76% 0.69% -3.22%
6月 3.76% -2.19% -0.81%
7月 2.89% 3.71% 8.27%
8月 -0.49% 1.18% 3.29%
9月 -2.38% -6.48% -6.36%
累計 -13.60% -7.85% -11.63%

※1 「ジャスダック指数」がなくなってしまったので、2022年4月分より、「東証グロース市場指数」を採用します(参考:ジャスダック指数1~3月までは、-6.76%)。連続性のない変則的な数字のため、参考値とします。

2022年通算 -13.60%
(仮に、2022年1月からTOPIXのみに投資した場合…利回り-7.85%

個別の企業を選んで株式投資をやるからには、ベンチマークを上回ることが重要だと思います。中期的にそれができないようなら、「インデックスファンドやETF」のような市場平均に投資をしたほうがよいのでは?」と考えています。

年ごとの運用成績を比較〔%〕

運用年 ひっきー
ファンド
TOPIX 東証グロース
(ジャスダック※2
2005年 73.4% 46.2% 37.7%
2006年 9.86% 0.48% -34.6%
2007年 3.46% -12.2% -16.3%
2008年 -8.32% -42.2% -33.2%
2009年 21.7% 5.63% -0.34%
2010年 32.8% -5.14% 8.15%
2011年 0.47% -18.9% -7.99%
2012年 95.5% 18.01% 14.42%
2013年 99.06% 51.46% 87.1%
2014年 82.99% 8.80% 1.87%
2015年 47.95% 9.93% 10.07%
2016年 6.78% -1.85% 6.22%
2017年 74.15% 19.69% 42.78%
2018年 -18.94% -17.80% -22.16%
2019年 11.12% 15.21% 27.64%
2020年 6.18% 4.84% 4.34%
2021年 9.13% 10.4% -2.73%
2022年 -13.60% -7.85% -11.63%

※2 2005年~2021年まではジャスダック指数、2022年は4月以降、東証グロース市場指数のパフォーマンスを採用しています。(参考:ジャスダック指数2022年1~3月までは、-6.76%)

(↓上の表を棒グラフにしました!)

運用パフォーマンス9月

2022年9月の振り返り

9月の成績は、「-2.38%」と、2か月連続でマイナスでした。その中でも救いだったのは、相場全体が弱い中、私のポートフォリオが健闘したことです。ベンチマークとしている、TOPIXが「-6.48%」、東証グロース指数が「-6.36%」と崩れましたが、-2%台で踏みとどまりました。

私の保有株が相対的によかった要因は、単純にこれまで売られ過ぎていたので、下げ渋ったのかなと見ています。主力のひとつ、中央自動車工業(8117)は、本来地力があるにもかかわらず業績が伸び悩んでいます。これは、部品の不足などによる新車販売台数が低調な影響を受けてのことなので、ここが正常化してくれば、業績は回復基調に戻ってくるという見立てなのかもしれません。

9月は相対的にはよかったとはいえマイナスでした。10月はプラスで終われるように地合いの回復が待たれます。米国の株式市場が調整局面で、かつ、ウクライナ情勢も引き続き混沌としているので、一気に相場が好転することは考えづらいですが、時間軸を長く見て投資を続けていきます。

保有銘柄へ戻る

最後にへ進む

【過去の投資成績】

2021年 年利回り +9.13%
2020年 年利回り +2.24%
2019年 年利回り +11.12%
2018年 年利回り -18.94%

2005年