投資成績

2005年からの運用成績など

投資を始めてから15年目になりました。2020年の目標は、引き続き【年利回りで+15%もしくはTOPIX比+10%】を目指します。(年利回り15%とは、100万円投資した場合に、1年後には“115万円”にしたいと言う意味です)

【年利回りで+15%】というのは、まず“企業価値の増大(成長)+割安度の修正”で年利回り20%を目指します。保有資産全体から見た株式投資等の金融商品への投資金額が多くても80%(残り20%は現金保有)に設定しているため、利回り20%×投資金額80%=16%≒15%と言うわけです。 (長期投資を軸としているため、株の売買は頻繁にはしていません。保有している株の株価が変動していることが多いので、売却前の含み益も多いです。)

※尚、気まぐれに成績をつけていますので、運用資金の増資・減資などは自由に行っています。資金の増減が常にあり、運用の連続性はございません。入出金の反映に誤りがあり、運用成績を一部修正しました(5月1日修正)。

<2020年の運用成績(前月比)>

運用月 運用成績
1月 -25,884,288円(-2.79%)
2月 -54,041,473円(-6.00%)
3月 +18,335,699円(+2.19%)
4月 -24,923,507円(-2.92%)
5月  
6月  
7月  
8月  
9月  
10月  
11月  
12月  
累計 -97,244,644円(-10.49%)

月別パフォーマンス

2020年通算 -10.49%

(仮に、2019年1月からTOPIXのみに投資した場合…利回り-14.95%

個別の企業を選んで株式投資をやるからには、ベンチマークを上回ることが重要だと思います。それができないようなら、「インデックスファンドやETF」のような市場平均にたくさん投資をしたほうがよいのでは?」と考えています。

(年ごとの運用成績を比較〔%〕)

年別パフォーマンス

(↓上の表を棒グラフにしました!)

運用成績

4月の成績は「-2.92%」でした!保有株はそこそこ上がりましたが、信用取引(空売り)の決済が遅れて、空売りの利益が4,000万円ほど飛んでしまいました…。実体経済は明らかに悪くなっているのに、急速に株高になるという予想ができなかったので判断が遅れました。
 終わりが見えない自粛は続いて、つらい日々が続きますが、緊急事態が一刻も早く収束すること切に願っています。