NEOBANK(ネオバンク)と住信SBIネット銀行の違いとは?お得な口座開設キャンペーンコードも紹介

担当:やさしい株のはじめ方編集部

担当・やさしい株のはじめ方編集部

最終更新日: 2022年8月1日

NEOBANK(ネオバンク)とは、住信SBIネット銀行のブランド名※1です。住信SBIネット銀行の仕組みやノウハウを、ブランドとしてさまざまな業種の企業に提供することで、銀行業の枠を超えた利便性の高いサービスが実現されています。

※1 参考:NEOBANK®をブランド名として採用しロゴおよびブランドサイトを刷新(住信SBIネット銀行)

NEOBANK

(出典:住信SBIネット銀行

実際に、JALや高島屋などの大手企業がパートナー企業※2となっており、独自のサービスや特典が付帯される提携支店が展開されています。提携支店は、通常口座を持っていても両方の口座を開設できるので、必要に応じて使い分けられるのが魅力です。

※2 参考:パートナー企業との取り組み(住信SBIネット銀行)

このコラムでは、住信SBIネット銀行(NEOBANK)の通常口座と提携支店の違いを解説します。お得な口座開設キャンペーンや、既存ユーザー向けのキャンペーンなども紹介するので、口座開設を考えている方はぜひチェックしてください。

住信SBIネット銀行(NEOBANK)の通常口座と提携支店の違い

住信SBIネット銀行(NEOBANK)の通常口座と提携支店の大きな違いは、次の3つです。

  • ① 支店名に違いがある
  • ② 提携支店独自のサービス・特典がある
  • ③ 提携支店で利用できないサービスがある

それぞれ解説していきます。

住信SBIネット銀行(NEOBANK)の通常口座は、「イチゴ支店」や「ブドウ支店」など、支店名にフルーツの名前が入っています。一方、提携支店名には、パートナー企業の名前が入っているのが特徴です。

また、提携支店には、提携先独自の特典やサービスが付帯するのも大きな違いです。5つの提携支店名と、付帯するサービスをまとめましたので、参考にしてください。

名前
(公式サイトへ)
提携先 付帯サービス
JAL NEOBANK
(JAL支店)
日本航空 JALマイレージバンク(JMB)会員対象の「JAL Global WALLET」(JGW)と連携してマイルが貯まる
T NEOBANK
(Tポイント支店)
Tマネー 銀行取引でTポイントを貯めたり使ったりできる
ヤマダNEOBANK
(ヤマダネオバンク支店)
ヤマダ電機 ヤマダポイントサービスと連携した特典・サービスを受けることができる
高島屋NEOBANK
(タカシマヤ支店)
高島屋 「タカシマヤ友の会」が提供する積立サービス「スゴ積み」が利用できる
おうちバンク
(おうちバンク支店)
おうちリンク社 おうちリンク社が提供するサービスの利用料金引き落としにおうちバンクを利用すると、おうちリンクポイントが貯まる

提携支店の中に普段使っているサービスやお店の提携口座がある方や、気になる特典がある方は、提携支店の利用がおすすめです。

ただし、提携支店は通常口座のサービスも一部利用できますが、利用できないサービスもあるので注意が必要です。

<提携支店で使えないサービス一覧>

  • ミライノカード
  • スマートプログラム
  • 仕組預金
  • WealthNavi for 住信SBIネット銀行
  • 純金積立
  • Oh! FX
  • くりっく365
  • 各種ローン
  • 各種保険商品
  • 通常口座のスマホアプリ

提携支店では、これらのサービスが利用できません。しかし、通常口座と提携支店はどちらも口座開設できるので、必要に応じて使い分ければ問題ありません。どちらのサービス・特典も必要な方は、どちらの口座も開設しましょう。

【当サイト限定】2,500円がもらえる口座開設キャンペーン

SBI証券のタイアップ企画

当サイトは、住信SBIネット銀行(NEOBANK)と同じSBIホールディングスのSBI証券を同時に口座開設をすることで、現金2,500円をプレゼントする限定タイアップキャンペーンを実施しています!

参加条件は、SBI証券に口座開設をして、2万円以上の入金、住信SBIネット銀行(NEOBANK)の「SBIハイブリッド預金」へ2万円以上の振り替えをするだけです。また、現金だけでなく、当サイトのオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」も特典としてプレゼントされます。

SBI証券と住信SBIネット銀行(NEOBANK)を連携させて使える「SBIハイブリッド預金」は、預金金利が0.001%→0.01%にアップし、SBI証券への入出金がスムーズにできるようになるお得なサービスです。

株式投資をしている方はもちろん、これから株をはじめたい方にもお得なタイアップ企画なので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

SBI証券の口座開設ボタン

SBI証券と住信SBIネット銀行(NEOBANK)を同時開設する手順は、「SBI証券と住信SBIネット銀行の同時開設キャンペーン!同時開設のメリットや連携方法も解説」で解説しています。

住信SBIネット銀行(NEOBANK)のキャンペーンコード

住信SBIネット銀行(NEOBANK)で現在使えるキャンペーンコードはありません(2022年8月1日現在)。しかし、既存ユーザー向けに実施されているキャンペーンが複数あるので、一部ご紹介します。

キャンペーン名 概要
公営競技 取引応援プログラム 公営競技に月1万円以上入金すれば、毎月抽選で50名に現金10,000円プレゼント
カードローン新規契約者向け!ポイントプレゼントプログラム カードローンに新規契約すると、1,500円相当のポイントがプレゼント
ミライノ カード(JCB)GOLD/PLATINUM新規入会プログラム ミライノ カード(JCB)GOLD/PLATINUMに新規入会・利用等で最大8,000円相当の特典がプレゼント
SBI損保のがん保険プログラム 新規契約でもれなく1,000円相当の選べるギフトカードがプレゼント
「退職金特別プラン」「ご退職予定者向け特別プラン」ポイントプログラム 三井住友信託銀行の店舗に来店・契約でもれなく1,500ポイントがプレゼント

2022年8月1日現在)

このように、さまざまなキャンペーンが随時開催されています。住信SBIネット銀行(NEOBANK)の口座を持っている方は、ぜひ利用してみてください。

まとめ

このコラムでは、住信SBIネット銀行(NEOBANK)の「通常口座と提携支店の違い」や、「5つの提携支店の独自サービス・特典」について解説しました。

      

サービスや特典に違いがあるものの、通常口座・提携支店は両方作れるので、必要に応じて使い分ければ問題ありません。

これから住信SBIネット銀行(NEOBANK)の口座開設を考えている方は、SBI証券と同時開設+2万円以上の入金で現金2,500円とレポートがもらえる当サイト限定タイアップを、ぜひ利用してください。

SBI証券の口座開設ボタン

このコラムを見た人は、こちらも読んでいます

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!