カブドットコム証券(現 auカブコム証券)に取材

投資家のみなさんへのメッセージ

1、これから株を始めようと考えている方へ

左:藤本さん 右奥:古田 右手前:ひろと

(左:藤本さん 右奥:古田 右手前:ひろと)

藤本 誠之 : まぁ考えてもしゃあないんで、とりあえず何かを実際に買うことからスタートしようよ!って気はしますね。やっぱり株式投資なんてのは帳面上でやってもしゃあないですよ。自分の身銭がかかってないと何でもできますから。たとえば、帳面上なら3円の株を買って5円で売ることもかんたんにできますが、実際それができるかというとやっぱり難しいですよ。だから、まずは何かを買ってからアレコレ考えよう!って。買って考えるんですけど、ただし最初は失敗すると思うんです。大事なのは失敗したと思ったらちゃんとそこで売ろうよって、売ってからまた買えばいいじゃんって。今は手数料なんてどこも安いですし、売買差益と比べたらあってないようなもんですから。そんなことよりも、いかに損失を抑えて、利益がのっているときに売れるかですよ。

で、一番最初に株式投資をやるときにおいては、まず買う銘柄を決めるわけじゃないですか? もちろん、そこには何か理由があったわけですよね? その理由をちゃんと紙に書いておいて、その理由が無くなったら売ろうねって。あと、できれば損切りラインもその時点で決めておこうねって。コレ決めておかないと株ってなかなか売れへんから。だって、会社の業績なんて短期間でそこまで変わらへんけど、株価はすげぇ変わるからね。大事なのはそういうときでも損失を膨らまさんこと。それを実現するのに、うちの自動売買注文を使ってもらうといいんじゃないですか。

 

う~ん、確かにそのとおりですね。私も投資に役立つ本当の知識を得られたのは、やっぱり株を買って損をしてからでした。帳面上だと、どうしても自分の都合の良い方へ解釈してしまいますし、実際に自分のお金で投資するのと、無くなっても平気なお金で投資するのとでは、精神的にも大きな違いがあります。帳面上で利益を出せるようになったからといって、必ずしも実際に利益が出せることにはならないことは、私の経験からも言えます(汗”)

あと、私もそうだったんですが損を抱えてる株ってなかなか売れないんですよね。とくに業績自体はあまり変化がないのに株価だけ下がってる場合は。。。「業績は安定してるんだから大丈夫!」って。でも、それはあくまで外から見てる側からの予想であって、真実はそうとは限らないんですよね。

私はそれでもある株を持ち続けたのですが、それから業績の悪化が表に出てきて大きな損失を被りました(汗”) あとから思えば、とりあえず一度損を確定しておいて、株価が底をつけたときに買いなおせば良いだけのことだったのですが。。。当時の私は損を確定させるのが嫌だったんですね。そんな私も、今では損失を最小限に抑えることの大切さを知り、損切りを徹底しています。そのおかげもあってか、今回のアメリカ住宅バブル崩壊もほぼ損失ゼロで回避することができました。2005年5月から始めた株式投資ですが、今のところ年平均プラス25%ほどの運用成績を残せています。これも損切りを徹底できたおかげだと思っています♪

カブドットコム証券の自動売買システムは、主要ネット証券の口座を持っている私から見ても業界最高のモノだと思います。とくに、お昼に売買ができない社会人のみなさんは重宝するのではないでしょうか。私は学生の頃から株式投資をしていて、そのときは自動売買注文のありがたみが分かりませんでしたが、今ではこれがないと仕事にも株にも集中できなくて困ってしまいます(汗”)

また、実際に信用取引の含み損益を表す「評価損益率」を他社と比べてみても、カブドットコムの投資家の含み損はほとんどの期間、他社よりも低くなっています。このことからも、カブドットコムの自動売買注文が、いかに損失を抑えるのに役立っているかがわかりますね~。

 

(以下、あさカブの放送は2009年に終了いたしました)

2、カブドットコム証券 投資番組『あさカブ』の有効な使い方

カブドットコム証券 投資番組『あさカブ』

出演者情報
【月曜日】[左から2番目] 山田勉 (個別株や業種などの調査・分析を行い投資判断を示す専門家)
【火曜日】[左から4番目] 河合達憲 (全体的な相場の流れやトレンドを基に投資戦略を考える専門家)
【水曜日】[左から1番目] 臼田琢美 (執行役営業本部長)
【木曜日】 山田・河合 週替わりで出演
【金曜日】[左から3番目] 藤本誠之 (個別株や業種などの調査・分析を行い投資判断を示す専門家)

番組内容
カブドットコム証券の出演者と司会の井口玲音さんが、当日のマーケットや資産運用に役立つ情報をわかりやすく解説。さらに番組最後には当日の「日経平均レンジ予想」を行っています。生放送ならではの内容で、当日の投資プランの参考にしたり、市況動向の把握に役立ちます。

連動記事
当日の午前と午後の2回、当日の出演者が「kabu.com 投資情報室」に配信します。カブドットコム証券に口座をお持ちの方はログイン後、「kabu.com 投資情報室」にて無料でご覧いただけます。

藤本 誠之 : とにかく毎日見てください(笑) 朝の6時35分見れなくても、その日の放送内容は『あさカブ』ホームページから見れますんで、こちらを見ていただければいいかなぁ、と。 あと、『投資情報室』で当日に僕たちが書いてる記事も見てほしいですね。テレビ番組だと放送時間などの都合上、どうしてもしゃべりきれないことがあるんで、その分に関してはこちらできっちり書いてます。紹介銘柄に関してもほんとは3つ紹介したいところ、テレビ放送では1つしか紹介できない、ということもあるんで。この『投資情報室』も利用していただけると、『あさカブ』をより深く使ってもらえるかなぁ。

『あさカブ』自体は、銘柄を当てにいってる番組じゃないですけど、その考え方をつかんでほしいな、と。出演してるのは山田・河合・臼田(うすだ)・私と4名いますが、みんなそれぞれ違った個性を持ってるんで、毎朝見ることで多角的に市場を見れるようになっていただけるかと思います。

 

私も『あさカブ』視聴者です♪ 毎日みなさんの解説を聞いて勉強させていただいてます。でも半分は司会の井口さんのさわやかな笑顔に癒されることを目的に見ていたりします(笑) 投資に限らず何でもそうですが、やっぱり“継続は力なり”です。毎日みなさんの解説を聞いて、自分でアレコレ考えていると、知らぬ間に自分なりに市場を分析できるようになっています。

カブドットコム証券に口座をお持ちの方なら、「ログイン → 投資情報 → 投資情報室」でも当日の放送内容を記事で読むことができます。しかもすべて“無料”で読めます! また、夕方にその日の放送内容をフォローした記事が配信されます♪ フォロー記事では放送で伝え切れなかった情報が書かれており、さらに有益度が増して読みごたえアリ×2です☆

>ログイン → 投資情報室

投資情報室

>投資情報室 → 記事

記事

では、最後に今回お聞きして「とても魅力的だな」と感じたカブドットコム証券のサービスを、いくつか紹介して終わりたいと思います!