松井証券で学ぶ信用取引

松井証券を使って空売りの決済(返済買い)をする

このページでは、株を空売り(売り建て)した後の返済買いについて見ていきます。この方法は空売りした時の株価(売建値)より、返済買いをするときの株価(決済時買値)が安い時に利益を得られる方法です。間違いのないように決済をしましょう。それでは早速やっていきます!

動画で空売り後の返済の手順を確認できます!

1.松井証券ログインし、画面上にある『株式取引』をクリックしてください。

画面の株式取引をクリック

2.次に、画面左にあります『信用返済』をクリックしてください。

信用返済をクリック

3.【注文】欄の『返済』をクリックしてください。

返済をクリック

4.返済(返済買い)する株数を『返済数』のところに入力してください。次は、『値段(現渡)』の欄です。株の返済注文には“成行注文”と“指値注文”の2種類があります。今回は『成行』にチェックを入れます(詳しくは、買い注文の出し方を参考にしてください)。最後に、『注文確認』をクリックしてください。

注文内容を入力して、注文確認をクリック

5.最後に確認画面が出てきます。確認して問題がなければ、『取引暗証番号』を入力して、『注文する』をクリックしてください。これで株の空売りの決済(返済買い)ができました!これで終了です。

取引暗証番号を入力して、注文するをクリック

いかがでしたか?簡単に株の空売りから決済までできたと思います。まだ慣れない方もいると思いますが、これから少しづつ慣れていきましょう!

これで、基本的な信用取引の方法は終わりです!次からは松井証券だから出来る『一日信用取引』と『プレミアム空売り』について紹介していきます。初めに『一日信用取引』から見ていきましょう!