岡三オンライン証券への取材報告(2)~2018年1月~

岡三オンライン証券に取材

岡三オンライン証券に取材してきました

取材風景

投資信託の注目サービス「ZEROファンドプログラム」とは?

タクヤ : 投資信託のサービス「ZEROファンドプログラム」は、かなり思い切った制度だと思います。詳細をお聞かせください。

熊澤さん : ノーロードファンドが現在投信の売れ筋となっていますが、手数料負担があるものでも人気のファンドがあり、運用に期待できる商品があります。ネット証券として投信は後発にあたりますので、思い切った施策を打ちお客様に喜んでいただこうということになり、手数料負担のある投信(ETF、ブルベアファンドは除きます)についてはキャッシュバック形式で手数料をお返しし、実質無料で取引していただけるようにいたしました。こちらのサービスは、2017年1月、2月に期間限定でキャンペーンとして打ち出したところ、大変好評でしたので、今回正式にサービス化いたしました。毎月100円から投資できる積立ても対象なので、投資信託に興味をお持ちの方はぜひご利用いただきたいサービスです。

投資信託は、投資のスタート的な意味合いとして重要だと考えています。手数料はもちろん、投資信託の本数もさらに追加し、投資信託だけでも、投資家に様々な提案ができる体制を整えていきます。

ZEROファンドプログラム

タクヤ : このサービスの注目すべき点は、投資信託を「一括購入(1回でまとめて購入)」しても、「積立買付(毎月一定金額を買付け)」しても、購入時手数料が無料になることです。このサービスをおこなっているのは、主要ネット証券の中でも岡三オンライン証券だけです(2018年1月現在)。『購入時手数料』がかかる投資信託の購入を考えている方は、岡三オンライン証券でその投資信託が取り扱われているか、事前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

新しく生まれ変わった驚きの手数料体系!

タクヤ : 株式取引手数料(現物・信用)に関しても、革命的な料金体系を打ち出されました。業界の最先端を進んでいると思いますが、どのようなお考えで実施することになったのでしょうか?

稲田さん : すでに、大口の投資家には「プレミアゼロ」で手数料無料プランを提供していました。昨今の日本株全般の好調を受けて、他社にない手数料体系を模索している中で、少額投資をおこなっている投資家に本当にメリットがある手数料体系としました。

<現物取引の手数料(税抜)>

ワンショット 定額プラン
1回注文の取引金額 売買手数料 1日の取引金額 売買手数料
~10万円 99円 ~10万円 無料
~20万円 200円 ~20万円 無料
~50万円 350円 ~50万円 500円
~100万円 600円 ~100万円 800円
~300万円 1,500円 ~300万円 1,800円

タクヤ : 上表を見ると一目瞭然ですが、定額プランですと1日の取引金額が20万円以下なら手数料が無料です!投資家からすれば、手数料はコストにしかならないので、非常にうれしいですね。これから株取引をはじめる方や、少額投資をされている方は特におすすめの手数料体系です。

今後の株主優待に関する情報提供について

タクヤ : 優待投資家に向けては、 毎月のピックアップ銘柄発表や優待本キャンペーンなど積極的な情報提供が印象にあります。 特に優待本については、ボリュームがとても多く感じますが反響はいかがでしょうか。また、今後Web上・ツール上の展開や、新しい優待情報提供(新規コンテンツ、コンテンツリニューアルなど)の予定などはありますか?

稲田さん : 優待本は、既存のお客様からも欲しいというお声をいただくこともある人気のサービスです。初心者の方がまず始めにつまずくのが銘柄選びと考えております。そこで積極的にこちらから判断のしやすい形で情報提供をすることを心がけております。その一環として主に初心者の方にお役立ていただければと考え株主優待本をプレゼントしお喜びいただいております。Webや取引ツールでの優待情報の提供ももちろんおこなっています。さらに、権利付き最終売買日の現物株手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンを行っており、これは12月に続き、1月と2月も行います。

タクヤ :投資家のなかには 「株主優待が欲しいから株式投資をしている」という人もたくさんいます。それだけ株主優待は魅力的です。岡三オンライン証券は定期的に優待本をプレゼントしていますし、株主優待に関するキャンペーンや情報提供を積極的におこなっているので、興味のある方は利用価値“大”ですよ♪

一般信用取引について

タクヤ : 一般信用取引が開始されましたね。現状は「新規注文は買建のみ」ですが、今後は売建もできるようになっていくのでしょうか。

稲田さん : 一般信用取引に関しては当社にとっても新しい仕組みとなりますので、早期に提供できることからまず開始するということで、今回のサービス提供となりました。当面、一般信用取引は買建てのサービスから投資家へ浸透を図っていきます。

タクヤ : 一般信用取引は新たなサービスの一環として、しっかりと浸透していってほしいと思います。売建ができるようになると、クロス取引で株主優待をお得に手に入れることもできるようになるので、今後の動きに注目です。

最後に

ひっきー : さて、最後になりましたが、個人投資家に向けてアピールされたいことがございましたら、ご自由にお願いいたします。

稲田さん : 岡三証券のネット部門である岡三オンライン証券は、設立12年と歴史の浅い証券会社です。現在ご利用いただいている投資家の方には、当社の投資情報やツールを高く評価していただいていますが、証券会社としての認知度はまだ低く、多くの方にその魅力を伝えられていないのが現状です。

当社は証券業界では後発になりますので、他社で投資をされている方や、投資初心者の方に当社を選んでいただくためには、明確な理由が必要です。そこで、他社にはない思い切った独自サービスを展開していこうと決意し、新経営計画「Reborn」をはじめました。「今我々にできることはなにか」、「お客様に喜んでいただくにはどうしたらいいか」、「幅広い方に認知していただくために何をするべきか」…。創業以来変わらない「お客さまの声をカタチに」をスローガンに掲げ、ネット証券ならではのフィンテックを駆使しながら、お客様の望むもの、お客様の利益になることを第一に考えて取り組み、実行しています。その結果、まだまだ発展途上ではありますが、ご利用いただくお客様が急増しており、ご満足いただけていることを実感しています。

「お客様第一」という軸は変わりませんが、私たちの想いとして、投資を“やらないといけないこと”ではなく“やりたいこと”にしたい、“投資っておもしろいな”と思っていただきたいという気持ちがあります。せっかく株式投資に時間を割くのですから、イヤイヤやっていたのではあまりにもったいないです。投資を好きになっていただくために、当社にできることは可能な限りやりたいですし、着実に一つずつ実現していきたいと考えています。

構想段階のものもあるので、ここでははっきりとは明言できませんが、AIやフィンテックなどを使って“効率”よく投資活動ができる環境を作るとともに、ワクワクできるようなサービスも考えています。いずれ「情報の岡三」だけでなく「AIの岡三」と言われるように、ネット証券の強み・特長を活かして、先進的なものを取り入れながらお客様にわかりやすい形でご提供できれば、よりご満足いただけると確信しております。私たちの挑戦はまだ始まったばかりです。岡三グループの強み(ツール、情報、サービス)を拡充しながら、ネット証券ならではの画期的なサービス(AI、フィンテック)を打ち出していきますので、今後大いに楽しみにしていてください。

…岡三オンライン証券の取材、いかがでしたでしょうか?
新しい試みがたくさん出てきましたね。今回の取材内容を一言であらわすとしたら、「無料化」ではないでしょうか。定額プランでの20万円以下の手数料無料、投資信託の手数料が実質無料(キャッシュバック)、人気取引ツールの利用料が無料…。投資家の負担になる部分を極力けずり、利益に繋げたいという岡三オンライン証券の想いがひしひしと伝わってきました。この取り組みはまだはじまったばかりですので、今後さらに進化し続けることでしょう。他社にはないサービスを独自で展開している岡三オンライン証券から目が離せません!

当サイトとのタイアップキャンペーンのお知らせ

こちらのページから岡三オンライン証券さんに口座開設をして入金5万円以上するだけで、現金4,000円がもらえる太っ腹なキャンペーンをおこなっています!(~2018年9月28日まで)