SBI証券で学ぶ

SBI証券に株式移管(入庫)をする

前のページでは、株式移管をして手数料を安くするメリットをお伝えしました。今回は実際に、野村証券からSBI証券へ株式移管(入庫)する手順を、実際の書類を使ってわかりやすく解説します。株式移管をおこなう前に、移管先であるSBI証券の口座開設が済んでいるか、確認してください。まだ口座開設されてない方は、「SBI証券に口座開設!」を見ながら、先に口座開設を完了させてください。

株式移管の手続きは、すべてご自身+移管元(野村証券)で進めていきます。大まかな流れは、以下のとおりです。

  • 1.【自分】 野村証券の取引店、または総合ダイヤルに電話をして、書類請求をする
  • 2.【自分】 書類に記入・捺印し、提出する
  • 3.【野村證券】 他社への移管手続きをおこなう

3番目は野村証券側がおこなう処理なので、私たちは1番と2番をおこないます。なお、移管手数料に関しては、「お得なネット証券に株を移して(株式移管)、今より手数料を安くしよう!」でご確認ください。

それでは、実際の株式移管の手順を見ていきましょう!

1.まずはじめに、野村証券の総合ダイヤル(または取引店)に電話をして、株式の移管出庫をしたい旨を伝えます。その際に、ご自身の野村証券口座情報(取引店コードや口座番号など)を聞かれるので、あらかじめ準備しておくとスムーズです。

総合ダイヤルまで連絡

2.数日後、野村証券から『特定口座内保管上場株式等移管依頼書』、『記入例』、『返信用封筒』が同封された封筒が届きます。

3.同封されている記入例を見ながら、以下のように、特定口座内保管上場株式等移管依頼書の太枠部分(画像で赤枠に囲った部分)を記入していきます。

  • ①ご自身の住所、名前、生年月日を記入し、口座開設時に登録したお届出印※1を押してください。
  • ②移管希望日を決めます。特に希望日がなければ、『可能な限り早い日』にチェックを入れてください。
  • 移管先(SBI証券)の口座情報を記入します。口座情報の確認方法は、以下2つ目の画像を参考にしてください。
  • 移管する銘柄名と、数量(株数)を記入してください。保有銘柄の確認方法は、以下3つ目の画像を参考にしてください。

※1 お届出印を登録しているかどうかわからない方は、ご自身の取引店に電話をすると教えてくれます。また、お届出印を登録していない方で、移管依頼書を郵送したい方は、印鑑を押したうえ『印鑑登録証明書』が必要です。

<SBI証券口座情報の確認方法>

SBI証券にログインし、右上の「口座管理>お客さま情報 設定・変更」と進むと、ご自身の登録情報画面が出てきます。その中の【お客さま基本情報】欄に、移管手続きで必要なSBI証券の情報(取引店、取引コード、取引店の所在地、口座番号、加入者コード)が、すべて掲載されています。取引店の所在地は、“市区町村”まで記入すればOKです。

<移管する銘柄と数量(株数)の確認方法>

野村証券にログインし、画面上部メニューの中から『資産状況/履歴』をクリックしてください。その中にある『お預り資産』をクリックすると、以下の画面が表示されます。【国内株式】欄に、保有株が表示されるので、こちらで銘柄名と保有数量が確認できます。

4.記入がすべて完了したら、同封されている返信用封筒に、特定口座内保管上場株式等移管依頼書を入れ、郵便ポストに投函すれば完了です。

返信用封筒

…以上で、野村証券からSBI証券へ株式移管(出庫)する手続きは完了です!書類を1枚記入するだけで良いので、あっという間に終わります♪

移管依頼書が野村証券に届くと、保管機関を通じて、移管手続きがおこなわれます。内容に不備がなければ、約1週間(3~4営業日)ほどで移管が完了します。SBI証券の口座残高に反映された時点で移管完了となりますので、ご確認ください。SBI証券のサービスや特長については、SBI証券の詳細ページにまとめていますので、参考にしてください。