株式移管をすると、今より手数料が安くなる!?

お得なネット証券に株を移して(株式移管)、今より手数料を安くしよう!

株式移管

自分が使っている証券会社より優れたサービス、安い手数料を打ち出している証券会社があったら、そちらに乗り換えたいと思いませんか?このページでは、「持っている株を他の証券会社に移すと得をする、かしこい乗り換え方」をご紹介します。

まず、パッと思いつく手段としては、「今持っている株を売る」→「現金化する」→「別の証券会社で口座開設・入金する」→「同じ株を買う」だと思います。一見良さそうに見えますが、この方法はデメリットが多いです。最初に売って再度買うわけですから、2回分の売買手数料が発生します。売買金額が高ければ、手数料も併せて高額になります。

そして、当たり前ですが買う人がいなければ売ることはできませんし、売る人がいなければ買うことはできません。望む金額で売買ができないとなると、安値で売りさばき、高額で買わざるを得なくなります。さらに、利益が出ている状態で売ってしまうと、税金まで払わないといけません…(利益に対して20%の税金がかかります)。つまり、この方法だと証券会社間で株を移したいだけなのに、かなりの損失が出る覚悟をしなければいけません。

「株式移管」を使うことで、かんたんに株の引っ越しができる

では、どうやって移動させるのかというと、「株式移管」という方法を使います。意外と知らない人も多いのですが、「ほふり(保管振替機構)」を通じて、株式を他の証券会社に移管(移す)することができます。売買をする必要もなく、書類の手続きだけで移管が完了します。

株式移管は手数料がかかるの?

移管手数料は、証券会社によって異なります。
例えば、SBI証券は出庫(他社へ移管)も入庫(自社へ移管)も無料ですが、大手証券会社の野村證券は入庫は無料ですが、出庫に手数料が発生します。

移管手数料を一覧表にまとめましたので、ご参考にしてください。

株式移管手数料の比較表>

証券会社 入庫手数料 出庫手数料
SBI証券 無料 無料
楽天証券 無料 無料
GMOクリック証券 無料 無料
松井証券 無料 無料※1
岡三オンライン証券 無料 無料※1
ライブスター証券 無料 1,000円(銘柄ごと)
マネックス証券 無料 3,000円(銘柄ごと)
SMBC日興証券 無料 1,000円(銘柄ごと)※2
大和証券 無料 <1単元>
1,000円

<2単元以上、10単元以下>
1,000円+1単元ごとに500円

<11単元以上>
一律6,000円
野村證券 無料 <20売買単位未満>
基本料金500円+1売買単位ごとに500円(最低1,000円)

<20売買単位以上>
一律10,000円
みずほ証券 無料 <1単元>
1,000円

<2単元以上、10単元以下>
1,000円+1単元ごとに500円

<11単元以上>
一律6,000円

〔手数料は税抜〕

※1 投資信託の出庫は、手続料として1銘柄あたり3,000円(税抜)がかかります
※2 一般口座は手続料がかかりません

入庫はどこも無料ですが、出庫は無料と有料で分かれます。どちらも無料な証券会社は、SBI証券、楽天証券、松井証券、GMOクリック証券、岡三オンライン証券の5社です(株式の場合)。

株式移管のメリットは?

株式移管のメリットは、主に下記4点です。

  • ①売買手数料が安くなる
  • ②より良いサービスを受けられる
  • ③株の移動時に売買リスク、売買手数料、税金がかからない
  • ④営業マンから解放される(対面だった場合)

③は冒頭で説明したとおりですし、④は対面からネット証券に移れば営業マンはいなくなります。上記の中で、株式移管による影響が大きいのは、やはり「①売買手数料が安くなる」です。(「②より良いサービスを受けられる」も大きいですが、株を持っていなくても口座があれば受けられるサービスが多いです)。それでは、一体どのくらい手数料が変わるのでしょうか?例として、代表的なネット証券「SBI証券」と、大手総合証券「野村證券」で手数料を比べてみましょう。

<ネット証券と総合証券の手数料比較>

SBI証券(ネット証券) 野村證券(総合証券)
取引金額 売買手数料 取引金額 売買手数料
~5万円 50円 ~5万円 2,808円
~10万円 90円 ~10万円 2,808円
~20万円 105円 ~20万円 2,808円
~50万円 250円 ~50万円 1.404%
(最大7,020円)
~100万円 487円 ~100万円 0.9288%+2,679円
(最大11,967円)
~3,000万円 921円 ~3,000万円 0.5616%+24,279円
(最大192,759円)
3,000万円超 973円 5,000万円超 0.108%+190,599円
(最大244,599円)

…こうして見ると一目瞭然ですね。全ての価格帯で圧倒的にSBI証券(ネット証券)の手数料が安いことがわかります。SBI証券が最低50円に対して、野村證券は最低2,808円からです。つまり、野村證券で株を買った瞬間に、SBI証券に比べて-2,758円分の損失が出るということです。もちろん、株を売ったときも同じです。
※手数料について詳しく知りたい方は、「ネット証券の手数料比較」ページをご覧ください。