1. ホーム
  2. 証券会社の比較
  3. SBIネオトレード証券のサービスや手数料を紹介!メリット・デメリットも解説

SBIネオトレード証券のサービスや手数料を紹介!メリット・デメリットも解説

SBIネオトレード証券(旧 ライブスター証券)の魅力は、なんといっても手数料の安さです!一例をあげると、50万円以下の手数料が198円(税込)で、最安値水準となっています。証券業界で「手数料が安い」といわれる、SBI証券や楽天証券でも275円です。どうしてここまで安くできるのか、不思議に思うくらいです…。たゆまぬ企業努力をされている結果なんでしょうね。

SBIネオトレード証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

主なサービス

SBIネオトレード証券の主なサービスと取り扱い状況を表にまとめました(…取り扱いあり、…一部取り扱いあり、×…取り扱いなし)。

国内株式 外国株式 IPO
〇 ✕ 〇
単元未満株 投資信託 NISA・iDeCo
▲〇 ▲
ポイント付与 未成年口座 ツール・アプリ
✕ 〇 〇

SBIネオトレード証券は、国内株式の取引ツールを高いレベルで提供しています。IPOは、数少ない「事前入金不要」で申し込みできるので、株初心者の方も必見です。

次の項目から、提供しているサービスについて詳しく説明していきます。

国内株式

SBIネオトレード証券では、東京証券取引所に上場している銘柄を取引できます(ETFREITなど含む)。

国内株取引には「現物取引」と「信用取引」の2つがあります。手数料体系は、1回の約定代金で決まる「一律プラン」と、1日の合計約定代金で決まる「定額プラン」の2種類があり、好きなほうを選べます。

売買手数料

SBIネオトレード証券の現物取引の売買手数料は、業界最安値水準です。手数料の安い分、余計なコストがかかりませんから、そのままリターンへ直結します。一律プランは、5万円以下の売買手数料50円、50万円以下なら198円です!定額プランは、1日100万円までの約定代金であれば無料で、少額投資にやさしい手数料体系です。

一律プラン 定額プラン
1回の取引金額 売買手数料(税込) 1日の取引金額 売買手数料(税込)
~5万円 50円 ~50万円 無料
~10万円 88円 ~100万円 無料
~20万円 100円 ~150万円 880円
~50万円 198円 ~200万円 1,100円
~100万円 374円 ~300万円 1,540円
~150万円 440円 以降100万円単位
超過ごとに
295円ずつ増加
~300万円 660円
300万円超 880円

2024年6月現在)

売買手数料

SBIネオトレード証券の信用取引は、どのプランでも全銘柄の取引手数料が無料です!(現引・現渡手数料も無料)。デイトレードの弱点は、「何度も取引をすることで売買手数料がかさむこと」ですが、SBIネオトレード証券は、取引金額・回数に問わず、コストがかかりません。他社にはない強みです。

金利・貸株料

信用取引で発生する金利・貸株料をまとめました。買方金利や貸株料も業界最安値です。

制度信用 一般信用(無期限)
買方金利 売方貸株料 買方金利 売方貸株料
2.30% 1.10% 2.75% 取り扱いなし
対象銘柄 対象銘柄
各金融商品取引所が指定する制度信用銘柄 SBIネオトレード証券が指定する銘柄

2024年6月現在)

ほかの証券会社の金利・貸株料と比較したい方は、「信用取引向け証券会社を徹底比較しました!」の記事を参考にしてください。

IPO

SBIネオトレード証券新規公開株(IPO)に申し込む場合、なんと①前受金は不要ですので、IPO抽選をまず受けて、当選してからの入金で間に合います。完全平等抽選(1人1票)が10%あるので、資金が少ない方でも挑戦できるうれしい環境です。また、資金力がある方は、90%のステージ制抽選からも当選を狙えます。口座数もそこまで多くないので、ライバルが少ない状況で当選のチャンスです!

取扱い数
(2022年)
19社
口座数
(ライバル)
不明
IPO抽選方法 10% 完全平等抽選
90% ステージ制抽選
事前入金
なしで抽選
可能

単元未満株

SBIネオトレード証券では、単元未満株の「売却・買取請求のみ」おこなっています(買い付けはできません)。

取扱商品 国内株・ETF
売買手数料 売却手数料:約定代金の1.32%(最低手数料:2,200円)
買取請求手数料:1銘柄につき1,100円

投資信託

SBIネオトレード証券が提供する投資信託の基本情報は、以下のとおりです。個人投資家の注目を集めるアクティブファンド10本(ひふみなど)を購入手数料無料(ノーロード)で買うことができます。また、積立金額も月100円からと少額なので、投資初心者の方でも手軽に投資がはじめられます。

投信本数 10本
最低積立金額 100円~
売買手数料 買付手数料:無料
売却手数料:各投資信託により異なる
クレカ積立 不可
積立コース
(通常)
毎月
積立コース
(つみたてNISA)
毎月

NISA・iDeCo

SBIネオトレード証券では、NISA(ニーサ)・つみたてNISAの取り扱いがあります。iDeCo(イデコ)の取り扱いはありません。取扱商品や手数料は以下のとおりです。

NISA

取扱商品 国内株式(ETF・REIT・ETN含む)・公募株式投資信託(ひふみプラス)・IPO
売買手数料 各商品の通常手数料と同じ

つみたて投資枠

取扱商品数 1本(ひふみプラス)
最低積立金額 100円~
積立頻度 毎月
クレカ積立 不可

未成年口座

SBIネオトレード証券は、未成年口座・ジュニアNISAにも対応しています。

取扱商品 現物株式、投資信託
売買手数料 通常の証券口座と同じ
親権者口座 不要
ジュニアNISA 利用可能

取扱商品は、国内株式と投資信託です。親権者の口座がなくても未成年口座を開設できますが、その際は必ずジュニアNISA口座の開設が必須なのでご注意ください。

ツール・アプリ

SBIネオトレード証券の、ツール・アプリを紹介します。

ツール NEOTRADE R、Webブラウザ版 NEOTRADE W、カブ板など
アプリ NEOTRADE Sなど

カブ板

2022年2月、銘柄をさまざまな表示形式で管理できるツール「カブ板」がリリースされました。

銘柄の騰落率を視覚的に確認できるヒートマップや、1パネル内に「4本値」、「チャート」、「気配」をすべて表示できる「複合ボード」など、便利な機能が搭載されています。さらに、2022年夏には、同ツール内で売買や資産管理ができる機能の拡張もされました。

「カブ板」はインストールが不要なWEBブラウザのツールで、起動やダウンロードに手間がかかりません。SBIネオトレード証券の口座を持っていれば誰でも無料で利用できるので、ぜひ口座開設して、高機能ツール「カブ板」を使ってみてください。

高性能のトレードツール「NEOTRADE R」

「NEOTRADE R」は、発注と分析に特化したトレードツールで、SBIネオトレード証券の口座を持っている方は無料で使えます。 発注時には、あらかじめ注文方法や株数を設定しておいて、取引したい価格帯の横をダブルクリックするだけで、瞬時に注文を出すことができます。一度やり方を覚えてしまえば、すごく楽です。

お気に入りの銘柄を無限に登録できる「株価一覧」は、グループ分けや並び順を自由にカスタマイズできます。株価一覧の銘柄をダブルクリックすると、板注文画面なども一斉にその銘柄に切り替わるので、お気に入りの銘柄もすぐに取引できて便利です。また、スマホアプリ版の「NEOTRADE S」や、WEBブラウザ版の「NEOTRADE W」も無料で使えます。

メリット・デメリット

メリット

  • 取引手数料が業界最安値水準(50万円以下の手数料が198円)
  • 25歳以下なら国内株の現物取引が手数料無料
  • 全銘柄の信用取引手数料が無料
  • 信用取引の金利・貸株料が業界最安値水準
  • IPO株は完全平等抽選(1人1票)が10%あるので、資金が少なくてもチャンスがある
  • IPO株を事前入金なしで申込める
  • さまざまな表示形式で銘柄管理ができる「カブ板」が無料でつかえる
  • 発注と分析に特化したトレードツール「NEOTRADE R」などが無料で使える

デメリット

  • 外国株(現物)の取り扱いがない
  • 単元未満株の買い注文やポイント投資ができない

SBIネオトレード証券は、「取引手数料が最安値水準」、「IPO株の事前入金不要」、「信用取引の手数料無料」など、メリットが豊富です。コストパフォーマンスが良く、IPO株にも資金なしで気軽に申込めるのがうれしいですね。

SBIネオトレード証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

SBIネオトレード証券さんに取材をさせていただきました!

SBIネオトレード証券さんに、「新システムリリース」や「取引手数料の安さ」のひみつなどについてうかがいました。

SBIネオトレード証券を使った株取引のサポートページ

証券会社の使い方が不慣れな方のために、口座開設から株の売買までサポートページを作りました。わかりにくいところがございましたら、ご覧になってください。

SBIネオトレード証券に口座開設

口座開設料・年会費などは一切かかりません。

ページ上部へ移動