CHEER証券(チア証券)の公式サイトへ

CHEER証券(チア証券)

2022年1月にリリース予定のスマホ証券!

CHEER証券トップ画像

CHEER証券(チア証券)とは、東海東京フィナンシャル・ホールディングスが2022年1月にリリースを予定しているスマホ証券です。

東海東京フィナンシャル・ホールディングスは、FinTechやAIなどを活用したデジタル金融サ-ビスを強化する方針で、CHEER証券はその一環としてリリースされます。そのため、利便性や機能性の高さに期待できるのではないでしょうか。

この記事では、CHEER証券の手数料やサービス内容について、情報がわかり次第更新していくので、ぜひ参考にしてください。

最終更新日:2021年11月18日

CHEER証券の手数料・サービス

手数料や取扱商品、機能など詳しいサービス内容は、まだ発表がありません。2019年11月8日に発表されたプレスリリースの内容から、わかる範囲でCHEER証券のサービス内容を以下にまとめました。

※参考:スマホ専業証券の設立について[PDF]

  • 外国株式・外国債券などの商品も取り扱う
  • 少額から投資できるサービスがある
  • 資産管理アプリ「おかねのコンパス」と連携できる

スマホ証券の中では、債券を取り扱っている証券会社はなく、外国株式については、米国株を取り扱っているPayPay証券スマートプラスのみです。CHEER証券が外国株や債券の取り扱いが決まれば、ほかのスマホ証券にはない魅力と言えます。

また、プレスリリースには「少額からできるサービス」という記載もあるため、LINE証券のいちかぶのように、単元未満株(ミニ株)の取引にも対応することが予想されます。数千円~数万円の少額から投資をはじめたい方には、うれしい内容です。

少額投資におすすめの証券会社を知りたい方は、「株の少額投資におすすめのネット証券会社を紹介!」の記事も参考にしてください。

資産管理アプリ「おかねのコンパス」との連携ができる

CHEER証券は、東海東京フィナンシャルホール・ディングスが展開している資産管理アプリ「おかねのコンパス」との連携ができます。おかねのコンパスはいわゆる「家計簿アプリ」で、銀行口座や証券口座を登録して、自分の資産を一元管理できます。

多くの家計簿アプリでは、すべての機能を使うには月額課金が必要ですが、おかねのコンパスはすべての機能が無料です。登録できる口座は無制限で、口座状況の一括反映もできます。

既存のスマホ証券を紹介

スマホ証券は、口座開設から入金、取引、チャート分析や情報収集などが、すべてスマートフォン1台あればできるので、株初心者から上級者まで多くの投資家が利用しています。

以下に各スマホ証券のかんたんな特徴をまとめているので、気になる方は参考にしてください。

証券会社名 特徴
LINE証券
最大4,000円相当の
株がもらえる
1株から株が買える(いちかぶ)
・日本の有名企業1,015銘柄が対象
PayPay証券
5,000円が
抽選でもらえる
最低1,000円から株が買える
・米国株と日本株の有名企業が対象
・1株からIPOに申し込める
SMART+
最大5,000円相当の
株がもらえる
100株単位での取引
・SOR取引を使ってお得に投資できる
・ユーザー同士の交流で情報収集ができる
・投資や経済を学べるコンテンツが充実
CONNECT
(コネクト)
1株から株が買える(ひな株)
毎月10回分売買手数料が無料(単元株)
NISAに対応
SBIネオモバイル証券
(ネオモバ)
1株から株が買える(S株)
・ほぼすべての日本株に投資できる
・Tポイントを使って投資できる
・1株からIPOに申し込める

2021年12月現在)

スマホ証券についてさらに詳しく知りたい方は、「スマホ証券を徹底比較!各社の特徴や手数料をまとめて紹介します」の記事も参考にしてください。

CHEER証券の口座開設をサポート

2022年1月にCHEER証券がリリースされたら、実際の画面を使って口座開設の手順を解説するページの作成を予定しています。CHEER証券への口座開設や入金、買い方の手順を知りたい方は、リリース後の更新をお待ちください。

ほかの証券会社の口座開設や買い方の手順は、「もう迷わない!証券会社の口座開設から、株の買い方・売り方までの手順をやさしく解説」の記事で解説しています。

キャンペーン情報

2022年1月にリリースされる際、お得なキャンペーンが実施される可能性があるので、情報がわかり次第お知らせします。

まとめ

CHEER証券は、東海東京フィナンシャル・ホールディングスが2022年1月にリリース予定の新しいスマホ証券です。まだ機能やサービス内容の公開はされていないですが、外国株や債券の取り扱いが決まれば、ほかのスマホ証券にはない魅力になるでしょう。

情報が明らかになり次第、この記事で内容を更新していくので、ぜひチェックしておいてください。