CONNECTの公式サイトへ

CONNECT(コネクト)

大和証券グループの証券会社

CONNECT(コネクト)は、スマホ専用の株式投資アプリ「CONNECT」を運営する、大和証券グループの証券会社です。大和証券グループなので、IPOで大和証券が幹事証券のときは、委託による配分があります!大和証券と違って、ネット配分100%なのが魅力的です。

また、IPOの取り扱いが「2020年12月」から始まったばかりなので、まだライバルの数が少なく、当選のチャンスです!2020年11月30日時点では、すでに10社のIPO取扱いが発表されています。CONNECT(以下、コネクト)は、最短3営業日口座開設できるので、IPOの当選を狙う方は早めに口座を作っておきましょう!

売買手数料は、毎月10回まで取引金額に関わらず無料です。中長期の取引であれば、毎月10回以上取引することはまれなので、基本的に手数料がかからずに株式投資ができます。手数料を気にせず取引できるのが良いですね!

また、コネクトはiOSとAndroidの両方に対応しており、アプリだけでなく、ウェブサイトで取引することもできます。

コネクトに口座開設

■1株から投資できる

コネクトでは、1株から株が買える「単元未満株式(ひな株)」を取り扱っているため、少額から投資をはじめたい方にぴったりの証券会社です。一般的な証券会社であれば、100株単位の「単元株」と呼ばれるものしか取引できません。そのため、株を買うには数十万円~数百万円程度の資金が必要です。

コネクトなら1株から投資できるので、数百円~数千円程度あれば十分です。ちょっとしたディナー程度の資金で、気になっている企業や有名企業の株主になれるので、夢が広がりますね!

もちろん、一般的な証券会社と同じ100株単位の「単元株」の取引にも対応しています。最初は“ひな株”で投資をおこない、資金が増えてきたら単元株への投資に切り替えてもいいかもしれません。

ひな株で取引できる銘柄は、コネクトが厳選した国内の有名企業335銘柄です。2021年2月現在は、「日本マクドナルドホールディングス(2702)」や東京ディズニーランドを運営する「オリエンタルランド(4661)」などの有名企業が取引できます。

■NISAに対応

コネクトは、NISA口座に対応しています。そのため、単元株や“ひな株”で出た利益を非課税にでき、効率よく資産形成ができます。NISAに対応したスマホ証券は少ないので、NISAを使って少額から資産形成したいと考えている方は、コネクトに口座を持っておくのがおすすめです。

NISAについては、「NISA(ニーサ)とは?」で詳しく説明しています。こちらもあわせてご覧ください。

■他社に追随する手数料体系!

コネクトの手数料はシンプルでわかりやすくなっています。単元株と“ひな株”それぞれの手数料をまとめると、以下のようになります。

単元株の手数料は、約定代金の0.033%(税込)で、200万円以上の場合は一律660円(税込)です。

<単元株の手数料(※2021年3月現在)>

1回の約定代金 クーポンあり クーポンなし
5万円 無料 16円
10万円 33円
20万円 66円
30万円 99円
50万円 165円
100万円 330円
200万円~ 660円

(手数料は税込です)

クーポンを使うことで、国内株式取引時の手数料が無料になります。クーポンは毎月10枚プレゼントされるので、毎月10回(年間最大120回)の取引が無料になります。余った分は翌月まで繰り越せます

<ひな株の手数料>

一律無料

ただし、以下のように購入時と売却時にスプレッドが発生します。

購入時のスプレッド 時価の0.5%
売却時のスプレッド

単元株は、毎月10回まで手数料無料で取引できます。11回目以降は手数料が発生しますが、約定代金の0.033%(税込)とかなり安くなっています。たとえば、「トヨタ自動車(7203)」の株を買うときの手数料は、以下のとおりです。

6,859円×100株×0.033%=226円

他の証券会社だと、トヨタ自動車の売買では500円近い手数料が取られるので、この手数料水準は魅力的でしょう。また、上限660円(税込)と決まっているのも安心ですね。

ただし、ひな株の手数料には注意が必要です。手数料の代わりにスプレッドが発生しますさきほどと同じように、トヨタ自動車を買う場合を考えてみましょう。時価にスプレッドが上乗せされるため、ひな株の取引画面で表示される購入価格は、以下のとおりです。

6,859円×100.5%=6,893円

つまり、「6,893円-6,859円=34円」が実際の株価に上乗せされているわけです。このスプレッドは、売却時にも発生します。トヨタ自動車の株が100円値上がりしたときに売ったとすると、取引画面で表示される売却価格は、以下のとおりです。

6,959円×99.5%=6,924円

つまり、「6,959円-6,924円=35円」が実際の株価から差し引かれています。このように、ひな株で取引する際には、見えない手数料が発生している点に注意しておきましょう。

■株主優待や配当金が受け取れる

株主優待は、権利付き最終日まで企業が指定した株数を持っているともらえます。例えば、株主優待の条件が「100株保有」だった場合、コネクトで100株だけ買って権利付き最終日まで持っていれば、株主優待を受け取れます。また、ひな株を使って権利付き最終日まで少しずつ買い増していくのも良いでしょう。

株主優待は、グループサイト「楽しい株主優待&配当」で紹介していますので、ぜひご覧ください。

配当金は、持っている株数に応じて受け取れます。株主優待と違って「100株持っていなければいけない」わけではないので、ひな株で1株だけ持っていたとしても、配当金がもらえます。

取扱商品一覧(2021年2月現在)

単元株:日本株・ETF・ETN・REIT(不動産投信)・インフラファンド・上場新株予約証券

ひな株:コネクトが厳選した銘柄

コネクトに口座開設

注)証券会社のサービスは日々変化しておりますので、公式サイトにて詳細をご確認ください。