不動産投資信託(リート)

不動産に気軽に投資できる投資信託

不動産投資信託(リート)とは、Real Estate Investment Trustの日本語訳になります。不動産から得られる収入を投資家に分配するしくみとなっており、株式と同じように証券会社から買うことができます。 一般的に、不動産に投資しようとすると数百万円の資金が必要になりますが、この不動産投資信託(リート)なら10万円ほどから不動産に投資することができます。

■不動産投資信託(リート)の特徴

  • 10万円ほどから不動産に投資できます。
  • 分配金が年2回もらえます(年1回のものもあります)。
  • ネット証券で株式と同様に売買できます。
  • 売買手数料は、株式にかかる売買手数料と同じです。
  • 株式等同様に、価格がリアルタイムで変動します。

■分配金の利回りが高い不動産投資信託(リート)

不動産投資信託を選ぶときのポイントである「分配金の利回り」が高い銘柄をリストアップしてみました。

リートの名称(コード) 最低投資金額 分配金利回り
ジャパン・ホテル・リート投資法人(8985) 42,000円 8.93%
投資法人みらい(3476) 38,050円 7.78%
スターアジア不動産投資法人(3468) 85,900円 7.71%
トーセイ・リート投資法人(3451) 101,700円 6.92%
タカラレーベン不動産投資法人(3492) 87,500円 6.86%

(※2020年5月26日時点)

■不動産投資信託(リート)を買う時におすすめな証券会社

売買手数料は株式と同じですので、手数料が安い証券会社がおすすめです。証券会社の売買手数料はネット証券の比較表にまとめていますので、よければご覧ください☆