エイチ・エス証券に取材

エイチ・エス証券に取材してきました

■外国債券についてお聞かせください

かえる : 外国債券と言いますと、「税制がわかりにくい」、「種類が少ない」という声を個人的に耳にすることがあります。エイチ・エス証券では外国債券、主に新興国債券を取り扱われていますが、そのような声に対しまして、どのような方針・サポート体制を取られていますでしょうか。

政元さん : 当社では、他のネット証券ではあまり取り扱われておりません新興国の債券を、当社の"売り"の一つとして取り扱っています。新興国の政治情勢などは、先進国に比べると不安定な面があり為替や金利の変動は大きくなっております。

しかしながら、そういったリスクをおわかり頂けるお客様にとっては、ポートフォリオ(資産)の一部としてでしたら、お持ちいただける商品だと思っています。ですから、当社としても購入していただきやすいように、20万円程度から購入していただけるように販売しています。

「税制がわかりにくい」という声に関しましては、税制のページを作成してしっかりと説明させていただいています(利付債、ゼロクーポン債の税制について、ディスカウント債の税制について)。その他にもセミナーを開催して、お客さまにしっかりと説明・案内をしております。そのうえ、当社は対面による営業もしておりますので、そちらでも対応させいただいています。

エイチ・エス証券で取り扱う債券

※エイチ・エス証券では、債券の中で「利付債」、「ゼロクーポン債」、「ディスカウント債」が取り扱われています

かえる : 債券によって税制が変わるので難しいですが、ディスカウント債の、途中売却益は"非課税"という税制は、外貨MMFと同じく、投資スタイルによっては非常に魅力的な商品ではないでしょうか。

■サポート体制についてお聞かせください

かえる : 営業店窓口がございますが、ネット口座を持っている人でも利用できるのでしょうか?また、サポート体制などについてお聞かせください。

政元さん : 当社はもともと営業基盤を持っているわけではありませんので、営業販売をメインの店舗としてではなく、お客様によりよいサービスなど提供するための一つとして営業店窓口を構えております。例えば、先ほどご紹介しました外国債券については、各支店主催のセミナーで行っております。もちろんネット口座をお持ちの方でも、店頭での取引サポート、投資相談などを受けていただくこともできます。

政元さんのお写真

他にも当社の独自サポートとして、オールアクセス口座コールセンター取引がございます。

◆オールアクセス口座  注目!

インターネット・モバイル取引・コールセンター取引・営業店取引、すべての取引方法をご利用いただけます。ですから、オールアクセス口座であれば、出先から、少し空いた時間にモバイルトレード、またコールセンターで素早く注文、ときには営業スタッフに相談をしながら判断、というようにお客様の取引スタイルに合わせて3つの取引チャネルをご利用いただくことができます。

※インターネット・モバイルからの株式取引手数料は、通常のインターネット取引と手数料の違いはございません。

◆コールセンター取引

当社では、自動音声やプッシュ操作なしで直接オペレーターにつながります。わずらわしい操作が不要ということで、大変ご好評をいただいております。

その上、"投資相談センター"につきましては、一人ひとりのお客様に専任投資アドバイザーが対応させていただいています。株式取引が初めての方でも安心して取引していただけるかと思います。

みなさんエイチ・エス証券の取材レポートはいかがだったでしょうか?大手の証券会社に負けない魅力・強みを十分に感じていただけたと思います。特に、モバイルでの取引が多い方には、耳寄りな情報をお伝えできたのではないかと感じています。

最後に、いつも読者のみなさまには、貴重な時間を割いて当レポートをご覧いただきありがとうございます。これからもお役にたてる情報を発信していきたいと思います。

そしてお忙しい中、エイチ・エス証券(政元さん・新武さん)のおかげで、よい取材をスムーズにすすめることができました。本当にありがとうございました。

エイチ・エス証券の詳しいサービス内容へ進む