株のお悩み相談室

買ってはいけない株の基準はありますか?

読者からのお悩み

これから株式投資を始めるにあたり参考にしたいのですが、ひっきーさんのルールの中で、「買ってはいけない株」の基準はありますか?

管理人ひっきーからの回答

以下の6項目に当てはまる株は、よほどのことがない限り、私は買いません。

■ボロ株

業績が悪く、慢性的な赤字が続いていて、株価も低迷している株です。株価で見ると「100円以下」まで下がっていることが多いです。

■『継続企業の前提に関する注記(疑義注記)』が入っている株

継続的に業績が悪いときには、決算短信や有価証券報告書、会社四季報などで、継続企業の前提に関する注記(疑義注記)が書かれていることがあります。これは、投資家に「この会社は危ないですよ」という注意喚起です。ただし、疑義注記が外れたときは、株価が大きく回復することがあるので、投資の上級者は狙う価値があるかもしれません。

■有名人がツイッターなどで買いあおっている株

買いあおっている株に関わると、ろくなことがありません。人為的に株価がつり上げられている可能性があり、はめ込まれると大きく損をしてしまいます。自分の目で銘柄を探すことをおすすめします。

■ビジネスモデルがまったく理解できない株

自分でビジネスモデルが理解できない株は、できるだけ投資を避けています。株価が下がったときに、よりどころとする“強み”がわからないため、株を持ち続けられる自信がないからです。

■不祥事などで業績悪化した株

一時的な影響に留まるような不祥事であれば問題ありませんが、会社の信頼を大きくなくしてしまい、長期にわたって影響が及ぶ不祥事があった会社は買いません。もちろん、大きく下落した後にリバウンドするチャンスはありますが、リバウンドする直前の底で買うような、うまいトレードができる自信はないので、私は買いません。

■倒産が決まった株

倒産が決まった株は、最終的に株の価値がなくなります(理論上は1円になります)。上場廃止になる前に、一時的にリバウンドすることがありますが、結局のところ価値がなくなることに変わりはありません。単なるマネーゲームで、不利な投資になることは間違いないので、私は買いません。

★買ってはいけない株の基準は、おそらく投資家によってそれぞれ違います。私が買わない株でも、うまく見極められる人には買いたい株かもしれません。繰り返しますが、6項目にあげたような株は、私は危ない株と判断します。危ないものには近寄らないほうが無難です。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買