株のお悩み相談室

ナンピン買い(難平)とは、何ですか?

読者からのお悩み

株式相場が落ち込んでいるときに、友人が「保有株をナンピン買いした」と言っていました。ナンピン買いとは、何ですか?

管理人ひっきーからの回答

ナンピン買いとは、すでに持っている株の株価が下がったときに、さらに買い増しをすることを言います。それによって、株数は増えますが、平均取得単価を下げる効果があります。

ナンピン買いの計算例

例えば、①1,000円の株を100株持っていたとします。②株価が900円になったので、追加で100株買いました。それでは、平均取得単価はいくらになったのか、計算してみましょう。

(1,000円+900円)÷2=950円

950円となりました。平均すると、元々買った株価から50円(=1,000円-950円)分ずつ、安く買えたことになりますね。これが最大のメリットです。

ナンピン買いで気を付けること(デメリット)

それでは、デメリットはなんでしょうか?
さらに株価が下がったときに、含み損が増えるペースが上がってしまうことです。
先ほどの例を挙げると、100株しか持っていない場合は、株価が100円下がっても、損は「1万円」で済みますが、ナンピン買いをした後では、保有株数は200株となっているので、損も2倍の「2万円」です。安易にナンピン買いをすると、思わぬ損失を出してしまうことがあるのです。

よって、こんなときのナンピン買いは要注意です。

  • ①業績悪化に伴う下げの場合は、その後も株価の調子は悪くなりやすい
  • ②手元に現金がないからと、信用取引を使ってナンピン買いをする

特に、②は非常に危険です!!思惑通りに反発すればよいですが、さらに下落したときは最悪の場合、追証(追加証拠金)が必要となり、大きな借金を抱えてしまうことにもなりかねません。くれぐれも気をつけてください。

★ナンピン買い自体は株価が安いときに買うので、悪い行為とは言えません。ただし、リスク管理の観点からも、信用取引では買わずに、現物取引にとどめておきましょう。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買