株式用語集(ナ行)

用語を覚えましょう

名寄せ(なよせ)

…「名寄せ」とは、名義を寄せるということです。
→ 詳しくはこちら

ナンピン買い

…「ナンピン買い」とは、保有している株価が下がったときに、さらに買い増しをして取得平均価格を下げることです。

具体的な例を挙げますと、まず株価1,000円の株を100株持っていたとします。その株が800円まで下がりました。ここで100株購入するのです。そうすると買った株は合計で200株となり、平均取得価格が900円(1,000円+800円=1,800円 1,800円÷2)となります。株数は200株と増えますが、平均取得価格を下げることができます。

日銀短観(にちぎんたんかん)

…「日銀短観」とは、行が発表する企業期経済測調査の略です。1年に4回発表があります。内容は、日本銀行が直接企業に対して、景気についての調査をするものです。企業が今後の業績見通しなどについて答えた結果なので、株価に与える影響は大きいです。

日本版ISA〔NISA〕

…「NISA(ニーサ)」とは、株式投資や投資信託などにおいて、値上がり益や配当金を非課税にする制度」です。これを使うことによって、税金面で大きなメリットが受けられます。≒少額非課税制度
→ 詳しく「NISA(ニーサ)」を知る

ネットキャッシュ

…「ネットキャッシュ」とは、会社の実質的な手元にある資金のことです。計算式は、「現預金+有価証券-有利子負債」となります。一般的に、ネットキャッシュが多いほど、会社の財務状況が安定していると言えます。

ネット銀行

…「ネット銀行」とは、インターネット専業銀行のことです。店舗を持たないため、一般的な銀行と比べると人件費の削減ができるため、金利が高く手数料が安いのが特徴です。
→ 詳しく「ネット銀行」を知る

ネットネット株

…「ネットネット株」とは、仮に会社を丸ごと買収したとして、すべての資産を売却して負債を返済した残りが、買収額(時価総額)より多い会社のことです。 計算式は、「(流動資産 - 総負債)×2/3 > 時価総額」となります。このような会社は、資産の価値が高く、割安であると言えます。

のれん

…「のれん」とは、企業を買収するときに、企業が持つブランドや技術の価値を上乗せして支払う金額のことです。目に見えない資産なので、のれんの価値が低いとわかったときは、損失として計上する必要があります(のれんの減損)。
→ 詳しく「のれん」を知る

株式用語集トップへ戻る

ハ行へ進む