のれんとは?

のれんとは?

企業の決算書を読んでいると、下の画像のように、「のれん」の項目を目にすることがあります。

日本たばこ産業の貸借対照表

日本たばこ産業〈2914〉の貸借対照表)

のれんとは、かんたんに言うと、企業を買収するときに企業が持つブランドや技術の価値を上乗せして支払う金額のことです。例えば、「純資産」が100億円だった場合、本来は株主に100億円を支払えば企業を買収できます。しかし、実際には100億円以上支払わないと買収できないことがほとんどです。仮に200億円で買収したとすると、「買収価格200億円-買収される企業の純資産100億円=100億円」が、のれんです。

のれんのイメージ図①

なぜ、のれんが発生するのか?

企業を買収するときは、株主価値を表す「純資産額」よりも高い金額でないと、買収できません。純資産と同じ金額では、株主が売ってくれないからです。

純資産は、株主が出資した資本金と、過去の利益の蓄積でできています。そのため、企業が将来生み出す利益は反映されていません。株主は、現時点の純資産額を受け取るよりも、株を持ったまま毎年利益を受け取ったほうがお得だと判断するわけです。

そこで、買収を成立させるためには、純資産額にプラスアルファでお金を上乗せして、株主に納得してもらわなければいけません。プラスアルファの金額は、企業の利益を生み出すブランド力や技術力をもとに計算されます。買収の背景にはこのような取引があり、のれんが発生します。

のれんを身近なもので例えると、メルカリでの売買でしょうか。あなたがどうしても欲しくて、手に入らなかった定価1万円で数量限定の商品があったとします。メルカリで検索したところ、2万円で売られており、あなたは「1万円上乗せしてでも買う価値がある!」と考えて買いました。

この1万円の上乗せ額は、あなたがその数量限定の商品に対して見出したプレミアムの価値です。そのため、会計処理上はその商品の見えない価値と考え、固定資産の中にある無形固定資産として計上します。

のれんは「資産」ですが、リスクもあるので要注意

「ブランド力や技術の価値」は、現金や建物とちがって目に見えない資産なので、現金化がむずかしい資産です。そのため、会計上は、貸借対照表の“無形固定資産”に計上されています。

また、のれんは企業の業績に悪影響を及ぼすこともあります。もともと目に見えない資産なので、価値を正確に判断できません。そのため、買収したあとに「ブランド力に100億円の価値があると思ったけれど、実際は50億円しかなかった」という事態が起きる場合があります。

万が一、のれんの価値が低いとわかったときは、50億円を損失として計上しなければなりません。当然、企業の利益も50億円分なくなってしまうので、注意が必要です。

のれんを財務分析ツールで確認してみよう

のれんの存在は決算短信や有価証券報告書で確認できますが、文字と数字のみで書かれているので、大きさを把握しにくくなっています。しかし、GMOクリック証券財務分析ツールを使えば、のれんの大きさを視覚的に理解できます!財務分析ツールは、口座開設すれば誰でも無料で使えます。

下の画像は、冒頭で紹介した日本たばこ産業[JT](2914)の貸借対照表です。財務分析ツールでは貸借対照表が図解してあるので、各項目の割合をざっくりと把握できます。

日本たばこ産業の貸借対照表

のれんは、画像の赤枠部分です。チェックポイントは、のれんと純資産の比率です。のれんが純資産に占める割合が高くなるほど、財務健全性が低下します。

日本たばこ産業の場合、のれんと純資産はほぼ同じ大きさです。そのため、万が一のれんの価値が下がった場合、のれんの金額分を減損損失として計上しなければなりません。こうなると、純資産がほぼすべて消えてしまいます。純資産は株主のお金なので、のれんの減損によって株主のお金がなくなる可能性があるのです。