配当金の増配で、なぜ株価は上がるのでしょうか?

読者からのお悩み

配当金の増配をすると、会社のお金が減って株価が下がりそうな気がするのですが、なぜ株価は上がるのでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

結論から言って、配当金の増配は会社の業績が好調であることを示しているからです。会社の業績が好調で、資金に余裕のある会社は配当金を増やして、株主還元をします。ただ、会社四季報などの事前予想と同じ金額の増配だった場合は、短期的には株価への影響は少ないです。

配当金の連続増配ランキング」という視点があります。これは業績が毎年好調であり続けないとできない芸当です。下表の株価を見てもらうとわかりますが、10年以上の長期で見ると業績も極めて順調な会社ばかりです。連続増配株から投資先を選ぶことは、長期投資を目指す初心者の方におすすめです。

<配当金の連続増配ランキング> (2021年1月現在)

順位 コード 銘柄 連続増配年数
1 4452 花王 30年
2 7466 SPK 22年
3 8593 三菱HCキャピタル 21年
4 4967 小林製薬 20年
5 4732 ユー・エス・エス 20年
6 8566 リコーリース 20年
7 9058 トランコム 19年
8 8113 ユニ・チャーム 18年
9 5947 リンナイ 18年
10 9433 KDDI 18年

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

この記事の執筆者

管理人ひっきー
投資歴17年目の株初心者アドバイザーです。2005年からの投資成績は+2億円を突破しました!2009年に発売した著書『はじめての株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本』は、累計59,000部のロングセラー。その他、数多くの金融系メディアにも寄稿しています。

Twitter「@hiccky0928」でも情報発信中です!

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買