株のお悩み相談室

配当金がもらえるしくみについて教えてください

読者からのお悩み

株を買うと配当金がもらえるそうですが、どのようなしくみで、いつもらえるのでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

株式会社は、利益の一部から株主に対して配当金を出すことがあり、株主の権利の一つです。しかし、業績が悪くなった会社や、成長するために多くの資金を必要とする会社では、配当金が出ないこと(無配)もあります。

配当金のイメージ

配当金の権利を得るには、「権利確定日」と呼ばれる日に、その会社の株主名簿に名前が載っている必要があります(言い換えると、権利付き最終日に保有すること)。これは会社によって異なるので、証券会社や会社の公式ウェブサイト(IR情報)で確認してください。(株主優待の取得も、権利確定日に保有している必要があります。詳細はグループサイト【楽しい株主優待&配当】をご覧ください)

参考)配当や株主優待の権利の取り方

配当金を手にできるのは、権利確定日から2か月くらいあとになると覚えておいてください。これは、株主総会が開催されるのが、決算日(≒権利確定日)から2か月後くらいで、その場で配当の金額が決まるからです。また、配当金を出す回数は、年に1回か2回がほとんどです。その都度、権利確定をする(株を保有しておく)必要があります。

実際にもらえる金額は、例えば、「1株あたり10円」などと書かれているので、100株あれば1,000円の配当がもらえます。(そこから約20%の税金が差し引かれます)

配当の金額は、会社四季報でもおよその予想値が出ていますが、業績が思わぬ不調の場合は、減らされたり(減配)、無くなったり(無配)することがあるので、注意してください。

また、成長するために多くの資金を必要とする会社では、あえて配当金を出さない会社もあります。なぜなら、株式市場に上場する目的の一つには、資金調達があるからです。配当金を出すことはその逆の行為で、せっかく集めた資金を株主に返すことになるので、高い成長性が見込まれる会社は、業績が順調でも配当金を出さない(もしくは、少ない)こともあります。

★配当金は権利確定日(権利付き最終日)に株を保有しておくと、その2か月後くらいに手に入ります。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買