成長性とは?わかりやすく解説します

担当・やさしい株のはじめ方編集部

最終更新日:2021年8月12日

成長性とは、会社が将来にわたって業績を伸ばせる可能性です。株価は会社の業績成長によって上がっていくため、株式投資においては成長性の高い会社に投資するのがひとつの戦略とされています。

このコラムでは、成長性の意味や成長性の高い会社に投資するメリット・デメリットなどを、株初心者向けにわかりやすく解説しています。

1.成長性とは?

成長性とは、「企業が将来にわたって、業績を伸ばせる可能性」です。株式投資をおこなう目的のひとつは、株価の値上がり益の獲得です。株価は「企業の業績(EPS)×投資家の期待(PER)」で計算できるので、業績が伸びる企業、つまり成長性の高い企業への投資が、株式投資で利益を得るために必要な条件となります。

2.成長性が高い企業に投資する「メリット」

成長性が高い企業に投資するメリットは、業績の成長とともに、株価も高くなる可能性が高い点です。先ほど、「株価=企業の業績(EPS)×投資家の期待(PER)」という計算式をご紹介しました。企業の業績が伸びると、投資家の期待も高まります。この2つが高くなると、株価が上がる仕組みとなっています。

3.成長性が高い企業に投資する「デメリット」

反対にデメリットは、すでにみんなが注目していて、株価が高くなっている場合が多い点です。投資家の期待が高まりすぎている状態です。このような状態では、業績が思ったほど良くなかったり、事業環境が悪化しはじめたりした場合、株価が下がってしまいます。成長性が高い企業は、投資家が期待を持てなくなった瞬間に株価が下がるリスクを持っているので、注意が必要です。

4.優秀な無料ツールで、成長性の高い企業を見つけよう!

成長性の高い企業を見つけるには、指標を使って分析する必要があります。今回は、業績分析に役立つマネックス証券の『銘柄スカウター』を使って、成長性の分析方法をご紹介します!銘柄スカウターは、証券会社に口座開設するだけで、誰でも無料で使えます。

成長性の分析では、売上高成長率に注目します。今回は、愛知県を中心に焼肉チェーンを運営する物語コーポレーション(3097)を例に、成長性について分析します。それでは、さっそく見ていきましょう。

まずは、売上高成長率の説明です。この指標は、売上高が前年と比べてどれだけ成長したかを表します。過去10年分の売上高成長率を計算して、毎年5~15%ずつ安定的に成長している会社が理想の投資先です。

中には売上高成長率40%のように、急成長を遂げている会社もあります。このような会社は、投資家から注目されやすく、株価も短期間で上がるときがあります(その分、PERが高くなります)。SNSでも話題になりますし、とても魅力的に見えるのはまちがいありません。

しかし、このような高い成長率を維持するのはむずかしく、いずれは成長率が落ちてきます。成長率が落ちると、見切りを付けた投資家が利益確定を目的に売るため、株価が下がっていくケースがよく見られます。したがって、当サイトで紹介するような中長期投資では、安定的に成長を続けられる5~15%程度が望ましいのです。

計算式は、以下のとおりです。

売上高の増加率=(今年の売上高-前年の売上高)÷前年の売上高×100

このように、成長率を求めるには少し複雑な計算をしなければなりませんが、安心してください。マネックス証券銘柄スカウターを使えば、成長率が自動で表示されます!めんどうな計算をしなくてよいため、時間を大幅に短縮できます。

物語コーポレーション(3097)の売上高成長率>

物語コーポレーション(3097)の売上高成長率

(出典:マネックス証券の銘柄スカウター)

銘柄スカウターを使うと、売上高成長率を時系列で追ったグラフはもちろん、2007年から最新決算まで10年以上の売上高成長率が確認できます。物語コーポレーションは、年によって多少のブレがあるものの、毎年だいたい10~20%ほどの安定成長を遂げている様子が読み取れますね。このペースで行けば、今後も同程度の成長率を維持できそうだと考えられます。

成長性の分析については、毎年の売上高成長率を確認する方法以外に、CAGR(年平均成長率)を使う方法もあります。この指標は、その名のとおり過去何年かの成長率を平均したものです。詳しくは、「CAGR(年平均成長率)を使えるようにする」で解説しています。計算方法が少しむずかしいので、株初心者の方は無理に覚える必要はありません。

以上、マネックス証券銘柄スカウターを使った成長性分析の例でした。

5.まとめ

成長性とは、会社が将来にわたって業績を伸ばせる可能性を表します。安定的に成長できる会社は、株価も安定して上がっていく傾向にあります。中長期投資では、安定的に成長できる会社をいかに探して投資できるかがポイントとなります。マネックス証券銘柄スカウターを使って、売上高成長率が5~15%で安定成長している会社を探すのがおすすめです。

このコラムを見た人は、こちらも読んでいます

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!