PERとは?

PER(株価収益率)というのは、“会社の利益株価の関係”を表していて、割安性を測ることができます。一般的に、『PERが低ければ低いほど、会社が稼ぐ利益に対して株価が割安である』といえます。具体的な計算式は次のようになります(具体的な数字を入れると…SBI証券より)。

PERの計算式

PER(株価収益率)=株価÷1株あたりの純利益〈EPS

PER(株価収益率)の求め方

PERは、株価÷1株あたりの純利益で求められます(時価総額÷純利益でも同じです)。上の図のようにPERが“10倍”であれば、1株あたりの純利益の10倍まで買われていることになり、投資した資金の回収までに“10年”かかると言う見方にもなります。

PERの変化としては、株価が下がればPERも下がります。逆に、株価が上がれば、PERも上がります

純利益の視点から見ると、純利益が前年より増えれば、PERを下げる要因となり、純利益が前年より減れば、PERを上げる要因になります。

PER(株価収益率)が下がる要因

PERの目安と使い方

このPERという指標を投資にどう活かしていくのか?ということですが、『その会社における、過去のPERや将来の予想PERと比較すること』もありますし、『同業他社とPERを比較すること』もあります。前者の場合は、PERの変化によりその会社内での割安性を読み取ることができますし、後者の場合は、その業界平均のPERから見て割安か、割高かを比較することもあります。

補足説明として、業界によって平均PERは異なります。これは業界によって成長力や安定力などに違いがあるからです。特にIT関連の銘柄は成長力期待が強く、PERがとんでもなく高いです(100倍以上のところもあります)。PERが高すぎる銘柄は成長がついてこないことがわかった時に、急落する恐れがあるので個人的には避けて買わないようにしています。ちなみに、東証一部の平均PERは約15倍くらいになっています。

最後に、PERを使う上で気をつけたいことは、「PERが低いからこの株は割安だ!」とPERだけで投資判断するのではなく、後に紹介する他の指標も参考にして総合判断をすることです。

※このレベルの解説では、なかなかPERについては理解していただけていないと思います。スペースの都合もありますので、深く掘り下げて勉強されたい方は、『PERの基礎を学ぶ!』のページにお進みください。ただ、PERを理解しないと株式投資ができないというわけではございませんので、初心者の方は、まず軽くこのサイトを1周していただくのがよろしいかと思います。

☆PERは株価の割安感を測る一つの目安になります。

サイトマップへ戻る

PCFRとは?へ進む