新たな投資先を考える

もし持ち株で大損したらどうしよう…。なんてことは、考えたくもないことですね。しかし、何が起こるかわからないのが投資ですから、現実的には起こりえます!投資をすることにリスクはつきものですから、分散投資をして、リスクを分散することが大事です。

リスクの分散という意味では、通貨の分散についても考えなければなりません。日本国自体が借金まみれ(借金時計さん参照)の状態ですから、借金帳消しのための超インフレが起こるとも限りません(現在、1つの家庭につき約2,000万円の借金になっています。これを国民一人当たりにすると借金が約850万円です)。株式投資がいくらうまく行ったとしても、日本が破綻し、日本円自体がつぶれてしまったら意味がありません。こう考えていくと、先々日本の資産だけ持っていることは少々危険を感じます。

私は株式投資の中では、分散投資をすすめていますが、世界の通貨で見ると分散投資ができていないということになります(日本株ばかり買っている)。現在、分散投資のため、米国株(取り扱い会社:マネックス証券)を少々買っていますが、たったの30万円程度の投資なので、とても分散投資しているとはいえません。今後は対策として、外国資産を増やしていこうかなと考えています。

通貨の分散についてを考えると、みなさんが最初に思いつくのは何でしょうか?オーソドックスな外貨預金でしょうか?それとも外国株式(主に米国株)でしょうか?外貨商品の中にも、いろいろ金融商品があります。これから比較していき、それぞれのメリット、デメリットを浮き彫りにしていこう思います。一番有利と思われる方法で資産を守っていくことが大切です。

☆日本円だけで大切な資産を守れるでしょうか?