MSワラントとは?仕組みをわかりやすく解説します

担当:やさしい株のはじめ方編集部

担当・やさしい株のはじめ方編集部

最終更新日:2022年4月25日

MSワラントとは、上場企業の資金調達のひとつです。かんたんに言うと、市場に出回っている株よりも安くてお得に買える権利を発行して、お金を調達する方法(エクイティ・ファイナンス)です。このページでは、MSワラントの仕組みや、一般的な資金調達「公募増資」との違いなどについて、わかりやすく紹介します。

MSワラントの仕組み

MSワラントとは、「Moving Strike Warrant(ムービング・ストライク・ワラント)」の略で、日本語に直すと「行使価額修正条項付新株予約権」です。要約すると、「前日の株価終値よりも安い価格で購入できるように、購入価格を修正する新株予約権」となります。株ではなく、新株予約権※を受け取るのがポイントです。※新株予約権とは、発行した企業に対して権利を行使することによって、その企業の株式の交付を受けることができる権利のこと

なぜ株ではなく、新株予約権を受け取るのかというと、投資家側が損失リスクを抑えるためです。つまり、新株予約権の購入代金として、低額のオプション料を支払っておき、好きなタイミングで株へ変換することができるのです。仮に、行使価額が低く、投資家側が株に変えたくなければ、変えないという選択をすることもできます。

さらに、行使価額修正条項付なので、文字通り、新株予約権の行使価額を修正することができます。一般的には、前日終値の90%程度に設定することが多くなっています。具体的なケース(90%)で見ると、前日終値が1,000円の日は900円(=1000円×90%)で新株を購入でき、前日終値が900円に下がってしまったときは810円で新株を購入できる、というしくみです。

ただし、行使できる下限価格も設定されているので、「株価下落→行使→株価下落」のスパイラルが無限に続くということは考えられません。

「MSワラント」と「公募増資」の違い

MSワラントと公募増資(株を発行して資金調達する一般的な方法)を比較しました。

MSワラント 公募増資
①割当先 特定の第三者 不特定多数
②機動性の高さ 高い 低い
③希薄化のスピード 時期を分散して変動 一度に株数が増加
④調達金額 行使次第で変動 一定

①「割当先」は、MSワラントは特定の第三者(証券会社等)に比べて、公募増資は不特定多数です。よって、個人投資家はMSワラントには応募できませんが、公募増資には応募することができます(しかし、必ず買えるとは限りません)。②「機動性の高さ」では、MSワラントに軍配が上がります。機動性とは、「すばやく資金調達まで進められるか」という点です。すぐに資金調達がしたい企業にとって、この機動力の高さがMSワラントが調達企業に選ばれる理由であると考えられます。

③「希薄化のスピード」は、MSワラントは新株予約権の権利が行使されて初めて株数が増えるため、段階的に変動します。一方、公募増資では、一度に増加します。④「調達金額」は、公募増資であれば、引受先があれば確実に資金調達が行われますが、MSワラントは株価が想定よりも下がりすぎた場合、権利の行使が進まず、予定していた金額が集められない可能性があります。

有識者の見解

MSワラントについては、有識者の方々の見解もみると、より理解が深まると思います。参考になる記事を一部引用して掲載しますので、合わせてご覧ください。

MSワラントは仕組みが複雑であること、行使期間が長期にわたることが多いことから、投資家に嫌気されることが多く、日経新聞によれば、昨年9月から今年3月16日までに発行を発表した54社のうち6割の34社で株価が下落しています。MSワラント発行に際しては、なぜMSワラントでなければならないかなど、投資家に対して十分な説明責任が求められるでしょう。安易な発行が増えれば、投資家の信頼を損ないかねないのは確かです。

(出典:MSワラントは悪魔の資金調達なのか | オントラック

公募増資や他のエクイティ・ファイナンスを選択できない企業が,MSワラントを選びがちであるという結果からは2つの論点がある。1つはゾンビ企業といった不適切な企業の退出を遅らせ,社会にとって望ましくないという議論と,企業と市場間の情報の非対称性が高く企業の将来性を市場が見抜けない企業に対して資金が供給され,社会にとって望ましいという議論である。

長期パフォーマンスが悪いという結果からは,情報の非対称性が高く企業の将来性を見抜けない企業に資金が供給される効果は強いとは言えない。しかしながら,約20%の企業ではMSワラント発行の2年後に企業価値が改善していることを忘れてはならない。

MSワラントが,情報の非対称性の問題は大きいが有望な投資案件に対し,資金が供給される仕組みとして用いられがちになることが望まれる。

(出典:MSワラントの発行要因と株価リターン | 日本証券経済研究所[PDF]

MSワラントをおこなった銘柄事例

MSワラントを発行した企業をまとめました(一部)。過去にMSワラントを発行した企業についても、「MSワラント発行企業リスト」で紹介しています。

2018年ごろは、業績が思わしくなく、すでに他の調達手段が期待できない、「ゾンビ企業」のような会社がこぞって、MSワラントによる調達を採用してきましたが、近年では財務にさほど問題があるわけではない、いわゆる「優良企業」でも、使い勝手のよさからこの手法を取るようになりました。

発表日 銘柄名
(銘柄コード)
希薄化率 割当先
2022/4/25 ジェイグループホールディングス
(3063)
20.20% 東海東京証券
2022/4/8 VTホールディングス
(7593)
5.03% 東海東京証券
2022/4/4 INCLUSIVE
(7078)
21.80% マッコーリー・バンク・リミテッド
2022/3/31 三井E&Sホールディングス
(7003)
24.07% SMBC日興証券
2022/3/31 イオレ
(2334)
9.60% グロース・キャピタル
2022/3/31 THE WHY HOW DO COMPANY
(3823)
36.52% 興和、田邊勝己氏、寺尾文孝氏
2022/3/25 極楽湯
(2340)
23.74% SMBC日興証券
2022/3/18 ピクセラ
(6731)
72.25% EVO FUND
2022/3/18 アマガサ
(3070)
103.89% マイルストーン・キャピタル・マネジメント、ジャパンシルバーフリース、アドミラルキャピタル、ジオブレイン

当然、「優良企業」のMSワラントによる資金調達の場合、調達にかかるコストはさておき、そこで調達した資金を使って企業価値を向上させることは可能であるため、長期的には株価上昇がみられる可能性があります。重要なのは、「なぜ、数ある資金調達の中でMSワラントによる資金調達を選んだのか?」であると思います。

MSワラントのリリースを見て気になった方は、思い切って企業のIR(投資家向け広報)に確認してみましょう。

まとめ

MSワラントについて簡単にまとめました。希薄率が高く、権利行使の下限価格も著しく低いMSワラントもあるので、増資をする意味をしっかり見極めて、投資判断をするようにしましょう。

<MSワラントのまとめ>

  • ①株発行をともなう増資なので、発行済株式数が増えて、「1株あたりの利益」が希薄化する
  • ②短期的には、MSワラントを嫌った既存株主が売り注文が出やすい傾向がある
  • ③長期的には、企業価値の創造(業績拡大など)によって変動する

このコラムを見た人は、こちらも読んでいます

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!