SBI証券は25歳以下限定で手数料が完全無料!未成年口座も対象

担当:やさしい株のはじめ方編集部

担当・やさしい株のはじめ方編集部

最終更新日:2022年8月1日

SBI証券は、25歳以下限定で、国内株・現物取引の手数料が完全無料です。このコラムでは、SBI証券で手数料が完全無料になる条件や、手数料体系について詳しく解説します。

また、当サイト限定タイアップ企画を実施しており、現金2,500円と、当サイト管理人が作成したオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」をもれなくプレゼント!まだSBI証券の口座を持っていない方は、ぜひ口座開設してください。

SBI証券の口座開設ボタン

SBI証券は25歳以下なら手数料が完全無料!

完全無料<

SBI証券で25歳以下の手数料が完全無料になるのは、次の条件を満たしている場合です。

  • 0歳~25歳
  • 国内株式の取引
  • 現物取引

25歳以下で、SBI証券に口座を持っている方、これから口座をつくる方は、全員対象になります。成年口座だけでなく未成年口座も対象になるので、お子様の口座を作って資産運用をされる方も、取引手数料は完全無料です。

国内株式とは、その名のとおり、日本で上場している会社の株のこと。現物取引は、持っているお金を使って株券(現物)を買うことです。例えば、自分が持っている1,000円を使って、1株1,000円の株を買うことは、現物取引になります。

ちなみに現物ではない取引は、「信用取引」です。これは、証券会社からお金を借りて、自分が持っているお金以上の金額で取引をすることを言います。

つまり、25歳以下の方が、日本で上場している会社の株を、自分のお金で売買するのであれば、取引金額や取引回数に関係なく、手数料は完全無料になります。0歳~17歳までが作れる未成年口座も対象です。

SBI証券の手数料体系

SBI証券が提供している手数料プランは、「スタンダードプラン」、「アクティブプラン」の2種類があります。

スタンダードプランは、1回の注文ごとに手数料が発生するプランで、アクティブプランは、1日の取引金額の合計額に応じて手数料が決まるプランです。

スタンダードプラン アクティブプラン
1回注文の取引金額 売買手数料 1日の取引金額 売買手数料
~5万円 55円 ~100万円 0円
~10万円 99円
~20万円 115円
~50万円 275円
~100万円 535円 ~200万円 1,278円
~150万円 640円 ~300万円 1,691円
~3,000万円 1,013円 以降100万円
増加ごとに
+295円
3,000万円超 1,070円

(※上記の手数料は税込です)

25歳以下の方は、国内株の現物取引であれば、手数料は完全無料になります。仮に1か月あたり1,000円の取引手数料がかかっている場合、年間12,000円も投資に回す金額が増えるのでお得です!

【SBI証券×当サイト】限定タイアップキャンペーン

SBI証券とのタイアップ口座開設キャンペーン

SBI証券に口座開設した後、証券口座に2万円以上を入金し、住信SBIネット銀行のハイブリッド預金に振替えると、もれなく2,500円がプレゼントされます♪

さらに、当サイト管理人が作成したオリジナルレポート「株初心者でも見つかる株の選び方」もプレゼントいたします。

4.まとめ

25歳以下の方は、SBI証券の手数料が完全無料です(国内株式・現物取引のみ)。まだSBI証券に口座を持っていない方は、この機会にぜひ口座開設しておきましょう!手数料を節約して、かしこく資産形成したいですね。

SBI証券に口座開設

このコラムを見た人は、こちらも読んでいます

この記事の執筆者

やさしい株のはじめ方編集部
「株初心者の方に株式投資をわかりやすく理解していただく」をモットーに、記事を執筆しています。当サイトを見て、少しでも“勉強になった”と思っていただければ幸いです。

Twitter「@yasakabu」でも情報発信中です!