株のお悩み相談室

現物取引とは?

読者からのお悩み

現物取引とは何ですか?普通の株取引とは何か違うのでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

“現物取引”と聞くと、何かむずかしい取引のように感じますが、普通の株取引です(笑)。持っているお金を使って株券(現物)を買うことを現物取引と言います。

一方、“現物でない取引”もあります。例えば、信用取引です。これは、現物取引とは違って、株券や現金を担保にしてお金を借りて投資をする方法なので、持っているお金以上の取引ができます。信用取引はリスクの管理がむずかしいので、株式投資に慣れていないうちは、現物取引にとどめておきましょう。

★ざっくりと、現物取引は普通にできる株取引と覚えておいてください。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

この記事の執筆者

管理人ひっきー
投資歴16年の株初心者アドバイザーです。2005年からの投資成績は+2億円を突破しました!ファイナンシャルプランナーの資格も保有しています。

Twitter「@hiccky0928」でも情報発信中です!

株 - 初心者へ戻る

【株初心者のお悩み】

  1. 株式投資をする前に
  2. 株の売買