ウェルスナビ(wealthNavi)で資産運用

ウェルスナビで「100万円」投資!管理人の運用実績を公開

ウェルスナビ運用成績

2018年2月より、「100万円」を投資してウェルスナビで運用しています。毎月自動で「5万円」をプラスして積み立てていき、積み立て終了の30年後(2048年!)には、果たしてどのように変化していくのかを追跡していきます。

2019年12月に株価大暴落、2020年3月~5月にコロナショックが起きてしまいましたが、結果はどうなんでしょうか!?ウェルスナビから提示されている「目標資産運用期間」は、2048年2月(30年間)となっているので、一喜一憂せずにじっくりと運用をして行きます。

1.運用方針

ウェルスナビの運用方針は「国際分散投資を全自動でおまかせする」となっているので、そちらに従います。私の方針としては、一番リスクの高い(株式の比率が高い)ポートフォリオで運用をお願いしています。


尚、私の運用プランでは、「2048年2月(運用30年)に2,660万円になる確率が90%」と算出されています。

2.最新の運用実績(2021年6月9日現在)

ポートフォリオ

運用開始後、3年4か月が経過しました!運用実績は、投資金額2,950,000円、資産評価額3,921,004円、評価損益+971,004円(+32.57%)となりました。なんと+100万円まで目前です!

この期間の出来事としては、新型コロナウィルスのワクチンが開発され、世界各国で徐々に接種が進み始めています。一方で変異種が出現して、感染が拡大している国もあり、まだコロナ禍が落ち着く雰囲気にはなっていません。


そんな中、運用成績は、前回「+20.38%」→今回「+32.57%」と大きくプラスになっています!直近はさすがに強すぎる感じがしますが、積み立て投資の結果がしっかりと出始めています。

過去の運用実績は、こちらをご覧ください。

3.キャンペーン情報

当サイトとのタイアップキャンペーンとして、現金1,000円がもらえるキャンペーン実施中です!(締切日なし)



こちらから口座開設をした後、キャンペーン期間中に「WealthNavi新規ご利用キャンペーン」にエントリーをして、運用開始+残高10万円以上の人に現金1,000円をプレゼントします。

さらに、口座開設をしてから3ヶ月連続で自動積立をすると、最大15,000円のプレゼントがもらえるキャンペーンも実施中です。さらに詳しいキャンペーンの内容は、こちらをご覧ください。

ウェルスナビのキャンペーン

ウェルスナビの口座開設入金買付(設定)」の実際のやり方は、実践レポートをご覧ください。

ウェルスナビに口座開設

4.過去の運用実績

ここからは、過去の運用実績をまとめています。

2020年3月5日

運用開始後、3年1か月が経過しました!運用実績は、投資金額2,800,000円、資産評価額3,370,762円、評価損益+570,762円(+20.38%)となりました。

この期間の出来事としては、新型コロナウィルスが蔓延した後に、世界的な金融緩和が行われて、株式市場に大量の資金が流れ込んできました。

その結果、日経平均株価は30年6か月ぶりに、30,000円を突破するなど世界的に株高が進み活況です。

運用成績は、前回「+1.92%」→今回「+20.38%」と大きくプラスになっています!完全に自動積み立て運用で、この成績はありがたいです。

2020年7月7日

運用開始後、2年4か月が経過しました!運用実績は、投資金額2,400,000円、資産評価額2,446,006円、評価損益+46,006円(+1.92%)となりました。

この期間の出来事としては、新型コロナウィルスが世界的に蔓延して、大きく株価が下落しました。運用成績は、前回「-2.91%」→今回「+1.92%」といよいよプラス圏に突入してきました!

コロナショックが来ても、あせってウェルスナビを解約せず、地道に運用を続けてきたことが大きいですね。米国株と金の調子がいいです!

2019年8月31日

運用開始後、1年6か月が経過しました。運用実績は、投資金額1,850,000円、資産評価額1,796,194円、評価損益-53,806円(-2.91%)となりました。

この期間の出来事としては、米中貿易摩擦や日韓の対立です。運用成績は、前回「-6.48%」→今回「-2.91%」と大幅に改善しました!円ベースで見るとまだマイナスですが、ドルベースではプラスになってきました。

また、ポートフォリオを細かく見ると、日欧株(VEA)と新興国株(VWO)がマイナスで他はプラスでした。米国株は強いですね~。

2019年1月22日

ウェルスナビに登録して、約1年が経過しました!運用実績は、投資金額1,600,000円、資産評価額1,402,843円、評価損益-97,157円(-6.48%)となりました。

この期間の出来事としては、2018年12月に世界同時株安が起きて、株価暴落がポートフォリオに悪影響を及ぼしています。

運用成績-6.48%は、一見すると悪い数字のようにも見えますが、TOPIXが約-18%、私自身の運用成績も約-19%だったので、ベンチマークと比較すると十分な成績を残しています。

2018年3月29日

投資1か月目、運用実績は、投資金額1,000,000円、資産評価額931,761円、評価損益-68,239円(-6.82%)となりました。

この期間の出来事としては、2月6日の株価暴落が影響しており、また、徐々に円高に振れているのもマイナスに効いています。

ここから、ドルコスト平均法などの“コツコツ積み立て効果”が発揮されていくと考えてます!長い目で見ていきましょう!

ウェルスナビに口座開設