SBI証券で学ぶ

はじめての口座開設(SBI証券)

SBI証券資料請求の手続きが終わりましたら、5日くらいで下のような書類が届きます。資料が届きましたら、申込書に必要事項を記入して、印鑑(ハンコ)を押してください(シャチハタは不可です)。最後に本人確認書(免許証や保険証など)のコピーと一緒に返送用封筒に入れて、ポストに入れるだけです。

<SBI証券から送られてくるもの>

SBI証券から送られてくる書類
  • 証券総合サービス申込書
  • 契約締結前交付書面集や規定集など
  • ガイドブック
  • 返信用の封筒
  • その他(手数料の案内など)

※実際に口座開設に使うものは、「1.証券総合サービス申込書」と、「4.返信用の封筒」だけです。

それでは、早速見ていきましょう!

1.下のような『証券総合サービス申込書』を開いてください。あらかじめ住所は印字してあると思いますので、あとは、【申込日】と【お名前】を記入してください。次に、【お届出印鑑】欄に印鑑を押してください。印鑑は銀行印である必要はありません。ただし、シャチハタやゴム印は使えませんので注意してください。

申込書に記入をしてください

2.続いて、『本人確認書のコピー』をとってください。(スキャナーがない場合は、コンビニなどのコピー機をお使いください)。使える本人確認書は、『運転免許証』や『健康保険証』などです。本人確認書について詳しく知りたい場合は、書類に同封されている【ご本人確認書類ご提出のお願い】をご覧ください。

3.本人確認書のコピーがとれましたら、最初に書いた申込書と一緒に、『返信用の封筒』に入れてください。あとは、そのままポストに入れれば完了です(切手は不要です)。

返信用の封筒(SBI証券)

…これで口座開設も完了です!SBI証券に書類が届いて受理されるまで、数日かかる場合があります。受理されましたら、『口座開設のご案内』がご自宅に届くと思います。そうしますと、いつでも入金ができるようになります。次のページでは、外国株式口座の資料請求を見ていきます♪(注:日本株の取引ができる状態にならないと、外国株式口座は開くことができませんのでご注意ください)

【SBI証券を使って海外ETF取引を学ぼう】(目次へ)
資料請求 → ②口座開設 → ③資料請求(外国株) → ④口座開設(外国株) → ⑤入金 → ⑥ドルに両替
→ ⑦海外ETF取引