株のお悩み相談室

ストライクプライスってなんですか?

読者からのお悩み

SBI証券でIPOの申し込みをしようとしたところ、申込価格に「ストライクプライス」という選択肢がありました。仮条件の上限で申し込むのと、何か違いはありますか?

管理人ひっきーからの回答

SBI証券の「ストライクプライス」は、株の注文でいうところの「成行」のようなものです。どのような価格でも購入意思がある、ということを示します。

ストライクプライスの選択画面
(出典:SBI証券

例えば、仮条件が2,000円~2,500円の場合、2,500円で申し込むのも、ストライクプライスで申し込むのも同じ意味になります。 公募価格が2,000円で決まったとしても、特に当選に差は出ません。

これだけ見るとどちらでも同じに見えますが、仮条件が申込期間(需要申告期間)中に引き上げになった場合に、差が出ます。

滅多にないことではありますが、申込期間が始まってから仮条件が変更になることがあります。先ほどの例でいうと、仮条件が2,000円~2,500円で申込期間が始まり、初日に2,500円で申し込んだとします。

ところが、次の日に仮条件が2,200円~2,700円に引き上げられると、2,500円で申し込んでいるので、仮条件の上限ではなくなってしまいます。この場合は、手動での訂正が必要です。 ところが、初日にストライクプライスで申し込んでいた場合は、そのまま上限価格を追従しますので、変更の必要がありません!

「この価格以上では買いたくない」というとき以外は、ストライクプライスで申し込むほうが便利ですね。

★IPOの申込方法は、各証券会社によって異なります。分からないことがあったら、サポートセンターに問い合わせましょう!

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

IPOへ戻る