株をはじめたきっかけを教えてください

読者からのお悩み

管理人のひっきーさんが、株をはじめるきっかけとなった出来事があれば教えてください。

管理人ひっきーからの回答

私が株式投資をはじめたのは、2005年です。大学を卒業した後に食品メーカーに就職して、3年たった頃のお話です。お昼休み中に食堂のテレビから、「今日の日経平均株価、午前の終値は前日より250円高い9520円23銭となっています。」と、毎日、経済情報が流れていました。

その時の私は「投資なんて自分にはまったく無関係だ。投資なんてお金持ちがやるものだし、どうせやっても失敗する」と思っていたので、まったく気にも留めていませんでした。しかし、会社の先輩から実生活について、いろいろとお話をうかがうと、切実にお金で苦しんでいる実態がわかり、私の考え方が急変しました。

先輩のお話はこうでした…。「結婚して子供ができると、いよいよマイホームが欲しくなって思い切って買った。35年ローンを組んでいて、働いても働いても、借金返済で手一杯だ。おこづかいも2万円に制限されて、ローンで転職したくてもなかなかできない…」。これを聞き、たしかになぁとしんみりしました。ここに、私の未来があり、かなり現実的なモノが見えました。

この頃から、ようやくお金に対して真剣に考えるようになりました。会社で働いて、しっかり貯金をしてもせいぜい100万円貯まればよい方で、10年がむしゃらに貯めても1,000万円。そして、預金金利は低金利で増えない。貯めた金で何かできないか、と考えたとき、なんとなく株式投資と言う選択肢が、頭の片隅にフワフワ~っと出てきました。

しかし、投資をはじめようにも、周りでやっている人はおらず(実際はいたかもしれないが聞きにくい…)、投資に関する、いわゆる“ホームページ”も今ほどは存在せず、株式投資をはじめようにも、何をしたらよいのかさっぱりわかりませんでした

そこで、とりあえずは手当たり次第、株に関する書籍を50冊くらい適当に読み漁り、高額なセミナーにも顔を出しました。そんなことをしているうちに、株の基本的な知識が身についてきたので、投資をスタートさせました。はじめのうちはムダな売買ばかりで、トントンでしたが、要領がわかるようになってからは、株を買ったらじっと待つ投資に変わり、この頃から「自分でも情報発信したほうがよいのでは?」と考えるようになりました。

このような流れで、株式投資をはじめるきっかけが生まれて、また、当サイト(やさしい株のはじめ方)の原型ができあがってきたのです。今ではうまくいっているように見えますが、当時はうまくいく保証もなく、毎日がむしゃらにもがいていました

★株をはじめるきっかけとなる“気づき”を得られたのは、サラリーマン時代の先輩の姿のおかげです。その後大きく人生が変わったので、先輩には本当に感謝しています。

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

この記事の執筆者

管理人ひっきー
投資歴17年目の株初心者アドバイザーです。2005年からの投資成績は+2億円を突破しました!2009年に発売した著書『はじめての株1年生 新・儲かるしくみ損する理由がわかる本』は、累計59,000部のロングセラー。その他、数多くの金融系メディアにも寄稿しています。

Twitter「@hiccky0928」でも情報発信中です!

管理人へ戻る