株のお悩み相談室

信用取引にかかる税金は、現物取引とは違いますか?

読者からのお悩み

今年から信用取引を始めましたが、信用取引にかかる税金についてよくわかっていません。現物取引とは税率など違う点があるのでしょうか?

管理人ひっきーからの回答

結論から申し上げますと、基本的には現物取引と同じです。よって、売却益に対して、20.315%が課税されます。特定口座を開設して、源泉徴収ありにしていれば、私たち投資家は何もしなくても、証券会社が代わりに計算と納税をしてくれます。

※株式投資にかかる税金の基本については、株や投資信託の税金対策で節税をしよう!をご覧ください。

ここからは、豆情報です(知らなくても大丈夫です)。信用取引で得られた売買益を計算するときには、取引にかかったコストを利益から削ることができます。①信用買いの場合は、「売買手数料・金利・信用管理費・名義書き換え料」がコストとなり、②空売りのときは、「売買手数料・貸株料・信用管理費・逆日歩・配当金相当額」がコストになります。

信用取引は現物取引に比べてコストがかかるので、利益から引ける金額も大きくなります 。

<かんたん用語解説>

  • 金利 … 信用買い時に、毎日発生する金利。年利1~4%くらい
  • 貸株料 … 空売り時に、毎日発生する金利。年利1%くらい
  • 信用管理費 … 信用取引のポジションを1か月持つごとにかかる。100円から
  • 名義書き換え料 … 権利確定日をまたいで取引したときにかかる。売買単位で50円
  • 逆日歩(ぎゃくひぶ) … 空売り時に、株が足りないと発生するレンタル料。
    【参考】逆日歩(ぎゃくひぶ)とは?(グループサイト:楽しい株主優待&配当)
  • 配当金相当額 … 空売り時に権利確定日をまたいで取引したときに、配当金と同額を支払う(正確には、配当金から所得税分を引いた金額となる)

サイト内の参考ページ

この質問を見た人は、こちらも読んでいます

他のお悩みを検索できます

管理人ひっきーのプロフィール

・投資歴14年の株初心者アドバイザー
・2005年からの投資成績+2億円突破
・ファイナンシャルプランナーの資格あり

信用取引へ戻る